福井県立恐竜博物館

台風が近づく中、時に土砂降りに遭いつつ行ってきました。今日は肌寒く、8月とは思えない18℃くらいの気温で、体がおかしくなりそう(*_*)
博物館のホームページに「夏休み中は大変混み合いますので、事前にコンビニエンスストア等でのチケットの事前購入をお薦めします」と書いてあります。
えーそんな、大袈裟な^_^;と思ったのですが、遠くから行くのにチケット買うだけで30分以上待たされたら話にならんと思い、念のために当日の朝、最寄りのサークルKで購入。
…ええ、大正解でした。

我が家が到着したのは11時頃。その時点で博物館に一番近い駐車場は満車でした。
誘導されて第二駐車場に停めましたが、博物館までは階段上ったりしながら徒歩3分くらい?大雨の中、小さなお子さん連れのファミリーにはかなり過酷だと思われました…
そしてチケット売り場には既に長蛇の列。あの雨の中、よく皆さん辛抱なさっているなあと感心してました。多分30分くらいはかかっていたのでは?
チケットを持っていれば右側の扉から入れるようになってますので、
これから行く方、特に夏休み中は極力事前調達しておけば、時間の節約になります。
大手のコンビニのチケット発売端末で簡単に買えますので、是非。
(詳細は博物館のホームページで確認して下さい)
恐竜博物館は15年振りくらいでしたが、大人も楽しめるんです。
今年はスペインから色々珍しいものも来てますし、地下からぐるっと回って見回れる常設展には、動く恐竜の模型もあって、ちょっとしたサファリ気分も味わえますし(^.^)
しかしいかんせん、混みすぎです。レストランも長蛇の列、コーヒー一杯飲むことすらままならない状況ですし、ホントお子さん連れのファミリーはかなり覚悟して行かないとキツいと思いました。
(写真の位置調整は後日行います)

男の一人暮らし

昨日は職場で脳貧血を起こしてしまい、皆さんに多大なご迷惑をおかけして早退させてもらいましたが(>.<)
一足先に夏休みに入ったので、単身赴任中の夫のところにやってきました。
なるべく、ひと月に一度は来て、掃除とおかずのストック作り
(おかず作って小分けパックに入れて冷凍しておく。けっこう何でも冷凍できます)
していますが、
今夜はお友達家族とお食事会だし、明日からはお出かけするので、今回は食事作りはナシ!楽チンだわ(笑)
毎回思うのは、割と綺麗にしているんですけど(自宅の方がよほど散らかってたり^_^;)
どうしても、細かいところのお掃除まではゆきとどかないこと。

浴室や台所の流しなど、見かけは綺麗にしてますが、排水口まではなかなかね‥
なので毎回、そこは必ずチェックしてます。
カップルの方たちも、彼女は一人暮らしのカレのとこに行ったら、そこをチェックしてあげると株が上がるかも(笑)
洗剤をたくさん揃えなくても、クエン酸と重曹を半々位にふりかけて、暫く放置→お湯で流しながらブラシorたわしでこすれば簡単にキレイになりますし。洗剤の匂いが苦手な方はこの方法、お薦めです。
*********************
もう一つ、洗濯物は洗う→干す、まではできても、
畳んでしまう…がけっこう面倒なようで、タンスの上にどんどん積まれてミルフィーユ状態になりがち…

それならいっそのこと、ハンガーにかけたまま収納してはどう?と思いつきました。

このドイツ製のハンガー、試しに三本千円で買ってみたら、細くても滑らないし

(今回持ってきた私の肩紐の細いシルクのワンピースも滑らない!)

これなら洗濯物をそのまま干しても大丈夫かも。住環境の関係で、お外に干すことが出来ないのでハンガーも痛まないでしょうし。
で、検索したらちゃんと通販で買えるところがあるじゃん!ということでφ(..)メモメモ
今度まとめ買いしよう(笑)

http://www.rakuten.ne.jp/gold/tamatoshi/mawalineup.html
それに、こんな風に収納できたら省スペースにも繋がるし、自宅のクローゼット問題にも役に立ちそう。こんな感じで纏めてもらうとわかりやすいです。
http://blog.livedoor.jp/qona/archives/5354646.html
(スマホのアプリからだと写真の位置だの大きさだのが調整出来ないので、ちょっと見苦しいですけど、自宅に戻ったら調整します~)
クエン酸&重曹
ドイツ製ハンガー。滑らない!細い!

あつい〜〜

連日の猛暑でパンも作る気力が失せていたのですけど、休みの日ぐらいはちゃんと焼かねば。

ねじねじが面倒で、細く伸ばした生地をただねじって、二つ並べて天板にのせただけですが
巧い具合にくっついてくれました^^;

強力粉500gのところ、100gはおからを90g、ライ麦を10gで置き換えてみました。おからを混ぜると生地がべとつかないのもいい感じ。もちろん、すこぉしカロリーオフもできますし(^^)

今日はネイルにも行きました。夏休みも近いし、金運アップも見込んで(笑)ゴールドのラメのグラデーション。

ネイルは好きだけど、職業柄あまり派手にはできないね・・と言いつつ、いつも行くと華やかな感じに仕上げてもらっています。でも秋になったらヌードカラーのフレンチなんてのも、シックでいいかもしれないわ。

最近は海外遠征に行くときはいつもしているけど、さて11月には、どんな感じにしてもらおうかな〜〜

先日知り合いが、好きな舞台俳優の入り待ちをした時に
ちょっと話した後で、彼が行ってしまった後「言い忘れていたことを思い出して」走って追いかけて再び呼び止めてから

「あの、○○さん。今日も大好きです」

って言ったって話を聞いた。

…そうか。
そーいう手もあるわねえ・・・私も11月にやってみるか^^;;;;;

***************

5月末の旅行記は鋭意執筆中♪ もう2ヶ月以上過ぎてしまったけど、ゆーっくり、書いてます。次回はベルリンからマドリード、そしてバリャトリードまで移動・・の予定です。

ヴィノグラードフのファンサイトもちょっとお色直し中・・それが済んだら、公演記録を(今度こそ^^;;;; ←何度目?)きっちり作るの。

★Twitterのスピードが早過ぎて疲れを感じるようになったので、徐々にブログ中心のネット活動にシフトするつもり。
・・・って、これまでもそうしておかないと・・・と思っていたんですけど、先日10周年記事で振り返りをした時、ツイートを始めた2012年以降の記憶、というか記録が引き出せなかったのですよね・・;

確かに記憶に残るようなイベントも少なかったんですけど、あんがい自分のことって日付ベースで覚えているものでして、
古い記憶は初代のブログの記事を読みながら引っ張りだせたのに、最近のものはそれが出来なくて。

ちょうどFBに入れ込んでいた時期とも重なるせいもあるのですが、やはり小出しに垂れ流しているだけでは、記憶の引き出しにも影響があるものなんだ・・と実感しました。

・・ということで、今後Twitterは更新情報の告知や、人様のつぶやきに返信する・・って感じの使い方を基本にしようかと。
3つつぶやく時間があればブログ書いた方がいいよ!ってどっかで読んだことがありましたけど、ほんとそうです。
後の日の為にも。

人嫌い

元々全然社交的ではないので、時々人とお喋りするのが至極苦痛になる。

ネットでもその傾向があって、わいわい盛り上がっているところに自分が入って行くと水を差すようなことになるんじゃないかな?とか思うと、上手に入って行くことができない。

最近はそういうことがあまりなくなってきたと思っていたけど、ここのところ、またそういう病気が出ているようです・・・

こういう時には見ない、聞かない、言わない・・がお利口なのでしょう。

普段のときならいいけど、これが11月の彼の来日の時に当たってしまうと、4年前のようなことになっちゃうんだろうなーー;

それが一番怖い。

それにしても、ドンジョの演奏に様式美を求めるのは、もはや不可能なんだろうか…魅力のない声に過度に誇張された表現、歌はズルズルで崩しまくり。

これが現代のトレンドなんだろうか。だとすれば、もう時間とお金をかけてわざわざ飛行機に乗って聴きに行く価値も見いだせない…と思うのは、私の頭が固いせいだろうか?

“Valenciennes Traeumereien”10周年♪

(10周年記念記事を現在稼働中のBloggerに書きました。そちらから転載しておきますね。今後とも宜しくお願いします)
最初に私がホームページの“Valenciennes Traeumereien”を立ち上げたのは、2004年7月28日。
HP → 初代ブログ → 2代目(今ここ)、この間にこっちと一緒にしたり、旅専用のサブブログを作ってみたり・・と右往左往しているので(笑)継続している感には欠けるんですけど、

(最近はブログブームも下火になりましたし
「ヴァラリンさんって、まだブログやってたの?」的な感じの方も多いでしょう^^;)

どうにかこうにか10周年。というか、ええっ、もう10年も経っちゃったの?!

細々とニッチなネタでやっておりますが、ニフティの初代ブログ(今も閲覧数はダントツに多い)のカウンターは2014年7月末現在で48万を超えています。

現在まで私と交流して下さっている方々はもちろんのこと、この10年で延べ何人の方が(通りすがりも含めて)来て下さったのかな〜と思うと、感慨深いです。

ホントに、ありがとうございます。

一応節目ということで、この10年を簡単に振り返ってみます・・

““Valenciennes Traeumereien”10周年♪”の続きを読む

“Valenciennes Traeumereien” 10周年♪

最初に私がホームページの“Valenciennes Traeumereien”を立ち上げたのは、2004年7月28日。
HP → 初代ブログ → 2代目(今ここ)、この間にこっちと一緒にしたり、旅専用のサブブログを作ってみたり・・と右往左往しているので(笑)継続している感には欠けるんですけど、

(最近はブログブームも下火になりましたし
「ヴァラリンさんって、まだブログやってたの?」的な感じの方も多いでしょう^^;)

どうにかこうにか10周年。というか、ええっ、もう10年も経っちゃったの?!

細々とニッチなネタでやっておりますが、ニフティの初代ブログ(今も閲覧数はダントツに多い)のカウンターは2014年7月末現在で48万を超えています。

現在まで私と交流して下さっている方々はもちろんのこと、この10年で延べ何人の方が(通りすがりも含めて)来て下さったのかな〜と思うと、感慨深いです。

ホントに、ありがとうございます。

一応節目ということで、この10年を簡単に振り返ってみます・・

【2004年】

アメリカ在住の駐在員妻としての生活が半年ぐらい経過した頃でした。それまでにもヤフーの掲示板や、駐在員の奥様が集うホームページのBBSに投稿したりはしていたのですが、当時親しくして下さっていた方からの勧めもあり、夏休みの旅行をきっかけにホームページを作ってみることに。
オペラのことや、アメリカ生活のネタ(笑)、パンの写真をアップしてみたかった・・などが主な動機でした。

当初、日記や記事を読んだ方がBBSに書き込んで下さってたんですが、ちょうどブログブームのはしりの時期だったこともあり、お知らせ記事に直接コメントを書いて頂いた方がいいかな?と思い、開設ひと月後にブログを設置しました。以後このブログがWeb活動の柱となって行きます・・・

【2005年】

前年のクリスマス休暇で訪れたベルリンで、俗に言えば「あの人と運命的な出会い^^;」をしてしまったが故、その後のネットライフは激変・・する羽目 → ことに。

7月には人生初の追っかけ旅行(但し保護者付き)を敢行するも、いきなりフラれるという憂き目に遭い、暫く立ち直れなかったのも懐かしい^^;
あの時、すんなり聴けていたら案外さっさと熱が冷めていたかもしれません。
しかしそんな枷があったが故?!妙な執着心が湧いてしまい、ついにこんなものまで作ってしまった・・
どうかしていたあの頃のワタシ・・;いや今もか・・・・・・・・・;;

【2006年】

楽しかったアメリカ生活もオットに帰国指令が出たことにより終了 → 4月から人生初の首都圏ライフに突入。

アメリカ生活は実のところ、たったの2年半でしたが、現在のワタシのある意味自由な^^;生活スタイル、考え方等はその2年半で養われたものですから、帰国後暫くはあらゆる面での日米のギャップに苦しみました・・
これではいけないと思い、10月から社会復帰。本がたくさんある公共の場所(笑)で働き始め、現在に至ります。

【2007年】

この年はね・・・あの人の二度の来日、特に11月〜12月のカルメン@新国では、全公演コンプリートで劇場に通い詰め、その上、彼と直接面識が持てたという嬉しいサプライズまで。ファンサイト運営のOKを頂いたのもこの時です。

この年は前半、精神的にものすごくしんどくって、ブログも自ら「暫く休みます」宣言をして、いっときネット活動自体から遠ざかっていたので尚更嬉しかった。
休んでいた時に「ファンサイトもろとも閉じてしまおうかしら・・・」と何度も考えたのですが、止めなくて良かったです・・・

【2008年】

10月に初の海外ひとり遠征@ロンドン。海外はおろか、国内もずっとオットと一緒の旅行をしてしましたが、周囲で一人旅をする方が増えてきたのと、ちょっとしたコンプレックスを克服したかったので
この時の体験をまとめた旅行記が、今もって閲覧数も多いですし、アパートメントホテル滞在記はワタシの書いた記事の中では、一番の閲覧数となっています。

【2009年】

8月にリアル生活でお引っ越ししました。相変わらず借家ですが、郊外の一軒家なので、それまでよりかは格段に生活環境の質が上がりました。大家さんとの関係も良好ですし、そのまま未だに住み着いてしまってます^^;
来年は更新の時期なんですけど、さてどうなることやら。

1月には第二弾一人旅と称してシンガポール、10月には8泊10日でイタリアのパルマとベルリンの掛け持ち…と、少しずつ旅のノウハウを身につけつつ・・と言えばかっちょいい(笑)んですけど、
実際にはスキだらけで、この時もハプニング続出でした^^;

【2010年】

彼の3度目の来日・新国フィガロに尽きます。
楽しみにしすぎて、張り切りすぎて
結果的に疲れ果ててしまった・・という。。。
このトラウマ、克服するのに時間がかかりました・・克服できたかな?と思えるようになったのは、実は昨年。3年もかかったわ(笑)

健康面では春ごろから右腕が上がりにくくなり^^;アラフォーなのに五十肩と診断され、昨年末まで整体に通ってました。
一番酷かった時期には、腕が肩と同じ高さぐらいまでしか上がらず、仕事にも支障が出たり、
夜、痛みで目が覚めてしまったりという状態だったんだな・・ということを、今回ブログを読み直していて思い出しました。

もう一つ、ロシア語を習い始めたこと。最近では授業に行っているだけ状態なのに、つい先日、中級の教科書を終えたところです。。。
レッスンを続けるかどうかを含め、今後どうするか考え中…ですが、中級とは名ばかりで殆ど身に付いてませんから^^;とりあえずは、ゆっくりおさらいしたいです。

【2011年】

震災とほぼ時を同じくして、職場の体系が大きく変わりました。震災の影響で新しく入ってきた方々には満足に研修もできないうちから、もう実践!という過酷な中でよく頑張って頂きました〜〜
震災の直後は塞いでいましたが、どうしようか迷った挙げ句6月にミラノへ。イタリアで数日過ごすなんて、その何年か前の自分では想像もつきませんでしたけど。。

Webサイト管理者としては、独自ドメインを取ってファンサイトを移管させたこと。一度はこのブログも一緒にしてしまえ〜!と思ったんですが、やっぱりそれはそれ、これはこれと分けておいた方がいいね・・で、ブログはまた独立させたんですが。

【2012年】

1月にベルリン&ダブリンへ。ベルリンを起点にしてダブリン往復という変な行程で行った為に、ベルリンへ戻ってきた時には入国審査でかなり時間がかかってしまいました^^;

(アイルランドって通貨は€だから、ドイツからイタリアとかスペインに行く時と同じように国内旅行感覚で行けるものだと思ってたんですが、シェンゲン協定外の国なので、出入国の手続きが必要なんですよね・・イギリス経由だと必要ないそうですが)

この頃までは元気よかったんですけど、春過ぎ頃から原因不明の湿疹やら胃痛、風邪を引きやすくなったり等の体調不良に悩まされ
「もしかしたら、更○期かも・・・」と不安になり^^; 婦人科へ行くことに。

その時からずっと同じ漢方薬を処方してもらって、体調は緩やかに回復して現在に至ります。冷え性も緩和されましたし、皮膚科を何度変えても直らなかった湿疹も今では殆ど出なくなりました。

Web的出来事では、Twitterを始めたこと。思うことは色々ありますけど、ツイッター経由での交友関係も少しずつ広がりましたし、情報収集は確かにラクになりました。

【2013年】

5月にトリノ&パリ。後にも先にも一度きりにしたい、列車が壊れて別の車両に乗り換えた事件^^; 
おまけに諸般の事情でウジウジしてたことが裏目に出て、ほんと去年の遠征は成功したとは言い難いのでした・・パリとも相性悪かったしね・・・
(書きそびれてしまいましたけど、いつかちゃんと書いておきたいなあ)

【2014年】

ホントは1月にリベンジを兼ねてトリノへもう一度行くつもりでしたが、家庭の事情で断念。
夫の両親も高齢になり、入退院を繰り返したり、6月には義両親と同年代の夫の叔母が亡くなったり・・・と、だんだん、自分の都合だけで物事を動かすことが難しい年代に入ってきたと実感しています。

そんな中、未だ書き終えていない^^;5月末のベルリン〜スペインの旅はホントにラッキーが重なりました。去年の苦さは完全に払拭できましたし、あの時期に行けたこと自体が奇跡的だと思っています。

そして今年も半分以上が経過。明日はもう8月になりますし、早いものです。

さっさと旅行記を仕上げることと、11月には(短期間ですが)アレクサンダー・ヴィノグラードフの4年ぶり4度目の来日も控えてますからねf(^^;
今年は笑顔で迎えて、笑顔で気持ちよく送り出したいです(笑)あんまり過剰期待しないように・・

********************
そんなわけで、簡単に?この10年を振り返ってみました。

一つだけ言えるのは、
常に自分の気持ちに嘘はつけない、自分の気持ちに忠実に過ごしてきた・・ということでしょうか。
それはまあ、ネット活動をやっているいないに関わらず・・なんですけど。人生全般においてそーいう感じ(笑)

ブログの更新頻度も、ピークの頃に比べると格段に落ちているのですが、今後もぼちぼち続けます。頭の中のアウトプットの場所として必要ですし^^;

どうぞ今後ともブログ”Valenciennes Traeumereien”&(ついでに^^;)アレクサンダー・ヴィノグラードフのファンサイトと、管理人のヴァランシエンヌ(通称ヴァラリン)をよろしくお願いします。

2014.May Berlin & Valladolid (Spain) & Madrid

★暫くこの記事をトップにおいておきます★

★7月17日:テンプレ変えてみました。夏ですし爽やかに青を!と思って(^^)
バックは今年5月末・夜9:00過ぎの^^; スペイン・バリャトリードのミゲル・デリベス文化センターです。

スマホからだと重たくなると思い、そちらは思い切ってシンプルな真っ白のテンプレにしました。まあスマホでは色々装飾があっても鬱陶しいかな?と思って・・・
PCからの閲覧が重くなっているようでしたら、お知らせ下さいませ。よろしくお願いします。
*****************

毎回企画倒れになりがち^^;のこの「旅程表&リンク集」ですが、今回は殆ど日本語の情報の少ない街・スペインのバリャトリード市内のことなど、ネタも色々取り混ぜて行く予定…(皆さん、はっぱかけて下さいね^^;)

★旅に行く前の心情などは →→→

★6月10日UP:フィンエアーのビジネスクラス
★6月12日UP:アレクサンダー・ヴィノグラードフ来日のお知らせ
★6月19日UP:5月27日 ドン・ジョヴァンニ@ベルリン・ドイツ・オペラ
★7月2日UP:5月28日 ドン・カルロ@ベルリン・シラー劇場
★7月15日UP:5月28日午前中 ベルリンの青空市場→友人宅ご訪問
★7月17日UP: 5月28日午後 ベルリン国立歌劇場改修工事の変遷

5月26日 
仕事終了後名古屋へ。飛行機のオンラインチェックインは既に済み。


5月27日 
7:30出発 → 8:30 中部国際空港到着。チェックイン&荷物預け入れ。足りないもの買い足し,クレジットカード会社に電話等。

MUJIの全世界共通変圧ブラグ。
国をまたいで旅行する時には便利♪


10:30 AY080 フィンエアー  ビジネスクラス(体験記は→→→

14:40 Helsinki → セキュリティチェック後、Docomoにスマホの設定確認の問い合わせ電話等。

17:00  AY917 Helsinki → Berlin
17:55 Berlin => 20分遅延

スーツケースピックアップ後
18:25 タクシーでホテルまで。所要時間20分ほど。€22

Hotel: 5/27 & 28 ibis Styles Berlin an der Oper 2泊 € 162¥23,015)
(イビス スタイルズ ベルリン アン デア オーパー) Tel 49315830
チェックイン&急いで着替えてベルリンドイツオペラへ。

19:00- ドン・ジョヴァンニ@ベルリンドイツオペラ(チケット現地調達。平土間前から13列目の左端。€72 ¥10,229)感想は→→→


5月28日
友人宅ご訪問&ブランチをごちそうに。この間に翌日のエアベルリンのオンラインチェックイン完了。

午後から(工事中の)ベルリン国立歌劇場周辺の散策&お茶。


19:30- ドン・カルロ@シラー劇場(友人に手配して頂いたチケット。平土間前から6列目のほぼ中央)感想は→→→
 
5月29日
6:30 ホテルチェックアウト
タクシーにてテーゲル空港へ €18

8:50 AB8080 ベルリン・テーゲル空港発 エアーベルリン Tel 49 30 3434 3434


12:00 Madrid着
スーツケースピックアップ後空港のFloor 0のRenfe窓口にて電車のチケット購入。
€28.60(2等)

13:28 ターミナル4からチャマルティン駅まで移動。
14:25 チャマルティン駅ーバリャトリードまで。

15:25  Valladolid着。Linea9のバスにてManuel Azaña 56停留所まで。€1.40
所要時間20分ほど。


Hotel5/29 & 30 Washington Parquesol Suites & Hotel 2泊 € 162
(ワシントンパルケソルスイーツ&ホテル) Tel 34983385147

20:00-コンサート(R.シュトラウス「変容」/ショスタコーヴィチ交響曲13番)@ミゲル・デリベス文化センター(Centro Cultural Miguel Delibes)
往復ともタクシー利用。片道€5.70 所要時間7分ほど。


5月30日
Linea8のバスにて市内中心部へ。所要時間20分ほど。€1.40
バリャトリード市内散策。買い物、散歩…など。散策の途中で駅にて翌日のマドリード行きの列車のチケット購入。€28.60(2等)


20:00-コンサート(R.シュトラウス「変容」/ショスタコーヴィチ交響曲13番)@ミゲル・デリベス文化センター(Centro Cultural Miguel Delibes)
行きはLinea8のバス利用。所要時間5分ほど。€1.40
帰りはタクシー利用。片道€5.70 所要時間5分ほど。



5月31日 
ValladolidからMadridに移動
8:50頃ホテルチェックアウト。タクシーにて駅まで移動。€7.70 所要時間10分ほど。
9:45 バリャトリード→マドリードへ。途中セゴビアにも停車。

10:50 マドリード・チャマルティン駅に到着→Cercaniasにてバラハス空港T4へ。€2.55

バス発着所にて、ホテルにシャトルバスのピックアップをお願いする。

Hotel : Melia Barajas 1泊 €97 (¥13,725)
(メリア・バラハス)マドリード空港そばのホテル Tel 34917477700


午後〜21:30頃まで マドリード市内観光。ランチ、美術館×2、買い物…
この日の歩数は21000超えてました…


6月1日 
8:00頃ホテルチェックアウト。シャトルバスにてターミナル4へ。所要時間20分ほど。
空港でのお土産代 €35.95 (¥5,086)

10:15 AY3184 MadridHelsinki フィンエアー この区間はエコノミー。

15:30 Helsinki ラウンジは激混み…
17:15 AY079 Helsinki → Nagoya ビジネスクラス(体験記は→→→


6月2日
8:50 中部国際空港着。お疲れ様でした。

木更津アウトレットの期間限定ショップ

壮観^^

そんなわけで、すっごく精神的に疲れてしまったので、気分を切り替える為に閑話休題。

夏休みに入る少し前でしょうか、
木更津アウトレットが、リニューアルして大変広くなりました。
色々新しいお店も入ってます。

期間限定でドイツのキッチンメーカー・フィスラーは、福袋と称して、かなりお買い得なセットものを数種類出してます。

最近はアマゾンとか、通販サイトで買うと意外にお安かったりもしますが、何と言っても正規代理店が出しているアウトレット。
通常は半年間の保証期間ですが、今だけ百貨店等の正規代理店と同じく10年保証も付けてくれます。お店の人に話をじっくり伺いながら決められるメリットもありますし、興味のある方は覗いてみるといいかも。


もう一つ、これは女性向けの話題ですが^^;
イタリアのランジェリーブランドの女王、ラ・ペルラ(La Perla)も、9月末までの期間限定で出店しています。
(何故か公式サイトで全く宣伝していないんですが、確かに出ていますし、お店の方に9月末まで出店中との確認済み)

数年前のコレクションをアウトレットで出品しているとのことで、通常価格の7〜8割引き、モノによっては「ええっ?こんな値段でいいの?!」というビックリ均一価格の掘り出し物もあります。
インポートランジェリー好きの方にはもちろんですが、
ちょっとインポートに興味があるんだけど・・という方に強力にお勧めします。

袋のリボンもかわいいの〜〜

ラ・ペルラは、言わずもがなの高級ランジェリーブランドではありますが、
最近では必ずしもイタリア国内で生産されているものだけではありませんけど、
レースの肌触りや質感、身体の線を綺麗に見せてくれる何気ないカッティングには、やっぱりランジェリーの国、イタリアのスピリットが現れています。

インポートってスケスケ(笑)でセクシー過ぎて・・と思われる方も多いかと思いますけど、
そういうものも確かにありますが^^;
普通のパテットタイプのものやら、色も大人しめのものやら、
今の季節には嬉しい、透けにくいヌードカラー等(でも何故か、ババくさくないのよねえ)も沢山あります。

(個人的には…ワイヤー入りでもトライアングルでもどっちでもいいんですが…
ノンパテットの一枚レースものこそ、インポートの醍醐味だと思うんですけど、日本だと着る場所と上に着るお洋服を選びますよね・・;で、もっぱらおうち用だったりします。究極の心の贅沢です^^)

そんなラ・ペルラが、国産と同等の価格で買えるチャンスですから、興味のある方は是非チャレンジして頂きたいな〜〜と思います。勿論試着もOK。

私も最近は、実店舗にはなかなか足を運んでなかったんですけど(スペインでは、かる〜く眺めてお終いだった・・時間が足りなくって><;)
久々にレースやらシルクやらが大量に並んでいるのを見て、鼻息を荒くしてしまいましたわよ^^;
あんまりしげしげ通うのもナンですが、9月末までには、まだ何度か行ってしまいそうです〜〜

ということで、はい、書いているうちにちょっと気分よくなりました。
好きなことをゆっくりアウトプットする場としてのブログ、やっぱり私にとっては必要な場所です。

旅行記ものんびり仕上げ中ですので、気長にお付き合い下さると嬉しいです。