190820-22-24 エフゲニー・オネーギン@まつもと市民芸術館 その3 オネーギン編

改めて言うまでもなく、今回松本での元々のタイトルロールは、現在この役ではトップクラスのマリウシュ・クヴィエチェン。
今の彼のステイタスならば、もう日本ではメジャーなオペラハウスの来日公演でしか聴けないと思っていましたが、せっかく来て下さるのならばと楽しみにしていました。

残念なことに公演の1ヶ月前ほど前に、怪我のため来日が不可能になったとのことで、ファンの方の落胆は計り知れないものがあったと思います。

そこで白羽の矢が立ったのがトルコ人のレヴァント・バキルチ。初めて名前を聞く方でしたけど、新たな出会いに期待しつつも
「もしかしたら、カバーの大西宇宙(おおにしたかおき)さんが1公演ぐらい歌う可能性があるかもね・・・」とも、漠然と思っていました。一日置きの日程はタイトルロールとタチアーナにとってはかなり厳しいでしょうし、中日の22日はもしかしたら・・などと思っていたのです。 “190820-22-24 エフゲニー・オネーギン@まつもと市民芸術館 その3 オネーギン編” の続きを読む

190820-22-24 エフゲニー・オネーギン@まつもと市民芸術館 その2 タチヤーナ編

3公演コンプ無事達成💟行くまでが大変だったのよ編

190820-22-24 エフゲニー・オネーギン@まつもと市民芸術館 その1 行くまでが大変だったのよ編
度重なるタイトルロールの交代、初日の電源トラブルなど、どうなってしまうの⁈との危惧もなきにしも…でしたが、終わ…

今回のキャストが発表された時、グレーミンのアレクサンダー・ヴィノグラドフは別として
とても楽しみにしていたのはタチアーナ役のアンナ・ネチャーエヴァ。
ネチャーエヴァは(*1)4年前(2015年)ベルギー・モネ劇場でのラフマニノフのオペラ3部作のうち、アレコとフランチェスカ・ダ・リミニの両作のヒロインとして出ていたのを映像で見た時に「彼女はいい!」と思ったのです。
ロシアの正統的ソプラノらしい、深くて陰影がある声で、ちょっと歌が粘っこくて。
“190820-22-24 エフゲニー・オネーギン@まつもと市民芸術館 その2 タチヤーナ編” の続きを読む

190820-22-24 エフゲニー・オネーギン@まつもと市民芸術館 その1 行くまでが大変だったのよ編

度重なるタイトルロールの交代、初日の電源トラブルなど、どうなってしまうの⁈との危惧もなきにしも…でしたが、終わってみれば大成功、世界最高峰の指揮者と世界レベルの出演者、そしてスター誕生の瞬間に立ち会えたことも含めて、素晴らしい体験が出来たことを心から嬉しく思います。

昨年秋にファビオ・ルイージか松本でオネーギンを振る…との情報を知って、例え誰が出ても1公演は観に行くつもりでした。

それが、なんとなんと私のご贔屓さん、アレクサンダー・ヴィノグラドフがグレーミンを歌うらしいとチラシ情報が流れたのが3月末、正式にアナウンスされたのが4月の終わりだったかしら?
これはもう、3公演行くしかないでしょう…と、うっすらと心に決めてはいました。 “190820-22-24 エフゲニー・オネーギン@まつもと市民芸術館 その1 行くまでが大変だったのよ編” の続きを読む

今年も半年が終わりますね…

あっ!という間に半年経過。年々時間の経過が早くなる気がしてます。ここも一カ月半以上ほったらかしてました。

旅館での新しい仕事を始めてあっと言う間に三カ月経ちました。すっかり、仕事中心の生活。仕事自体はやりがいもあるし、楽しいのですが
楽しいが故についつい頑張りすぎて、ブチッとタコ糸が切れてしまうことも。

7月は旅館的には閑散期だそうですから、少し落ち着くかな…

そんなわけで、英語力を買われて採用して頂いた割には、毎回怪しい英語を披露していて
「あーーーーーーーもっと流暢に喋りたい!」と思っているんですがねえ。。。

キャンセル料などのクレーム処理もあれば、メールでやり取りさせて頂くお客様との交流に喜びを感じたりとか。
(喋るのは難儀しても読み書きはなんとかなるという典型的日本人。。。)

とりあえず元気にしてますので!色々語りたいことはありますがw

若草山

私の大好きな若草山。いい季節になりました。

鹿も出産シーズンに入り、少し前に奈良公園でも令和ベビーが産まれたと話題になりましたが、若草山でもじき、可愛いバンビが見られることでしょう。

外国人観光客がピークだった3月から4月にかけては、鹿の毛の生え変わりの時期で、ちょっともわもわした毛で可愛くなかったんですが
新緑の季節〜初夏にかけての鹿は薄毛でブチ模様も出てきて、一年で一番「美鹿」かなと思います。