ワクワク、ドキドキ、ときめいたと思えば悩んだり。ココロは万年乙女・アラフィフ主婦の愛と勇気と愛しい声と。

新しいブログ、稼働中です

日々の暮らし

ご訪問、ありがとうございます。
当ブログ【Valenciennes Traeumereien】は2015年3月を持ちまして、更新を終了し、新たに
【Valenciennes Traeumereien Vol.3】 を稼働中です。
宜しければ新しいブログへもお立ち寄り下さいませ。
尚、アレクサンドル・ヴィノグラードフのファンサイトも引き続き運営中です。ヴィノグラードフ関連のことで検索でいらした方は、ファンサイトの方も覗いてみて下さい。
今後ともどうぞ、よろしくお願いします。

日々の暮らし

引っ越しします^^;

日々の暮らし

何度目だ?と聞かないで下さい・・・^^;
まあ、手帳ジプシーもさることながら、こうなるともう「ブログジプシー」みたいなもんかも。。。
でもねっ。

つづきを読む

日々の暮らし

コメント

  1. Basilio より:

    使い勝手がいろいろありますからね^^;
    うちからのリンクはどこに貼っときましょう?

  2. Basilioさん:
    いや〜〜もうホントにすみません^^;
    Macからだと異様に使いにくいんです・・ココログって。
    まあ、ここは開設して10年以上たつので、検索で引っかかるのは圧倒的に多いですから、勿論そのまま残しておきます。
    リンクも何度も張り替えて頂いて申し訳ないですけど、さすがに独自ドメイン取ったので
    http://valencienne-tea.com/
    でお願いできますか?万が一WordPressで行き詰まった時には(笑)他のブログシステムにドメイン移管してやりますから、張替えはもう今度で多分?!最後になるかと・・^^;
    お手数をおかけしますが、どうぞ宜しくお願いしますm(_ _)m

  3. feliz より:

    こんにちは。ごぶさたしてます。
    私も音楽ブログの方はすっかりサボってしまってますが、プライベートの方はいろいろなところで書いてたりして、まださまよっています(^-^;)。そういえば私もNiftyのidは持ってますが、ココログは検討したことがありませんでした。良いんでしょうか?(^-^;)私のプライベートのブログもまた落ち着いたらお知らせしますね。

  4. felizさん:
    わあ!お久しぶりです〜〜!コメントありがとうございます❤
    こちらこそすっかり、ご無沙汰してます(^^;
    ココログね〜〜10年ここでお店を開いて、閲覧数もそこそこあるので、本当はここでずっと腰を据えてやりたかったんですが、
    Macからだと、すっごく操作性が悪いんですよ・・;
    それと、スマホとかタブレットのアプリもあることはあるんですが、使いものにならないんです・・コメントもしづらいですし。
    PCを取り巻く状況が変わっても、ここはホントにブログ黎明期の頃からそのまんま、という感じなので、他のブログを色々触ってから戻ってくると、時代遅れな感じは否めないです;;
    ということで、何度かあちらこちらと彷徨っていたんですが、彷徨っても他の人に迷惑がかからないように、独自ドメイン取ってWordPressで自分用のブログも作っちゃったので、よかったら新居wに
    遊びにいらして下さいませ。
    こちら ↓ です。
    http://valencienne-tea.com/
    最近ツイッターも思う所があり、お休みしているので(時々覗いていることはいるんですが)近況もブログに書いてます。
    4月は体調が優れず、パン作りもすっかりさぼってしまいましたが、またパンの写真も乗っけていくつもりですので(^^)
    felizさんのプライベートブログも、楽しみにお待ちしてます(^^♪

  5. feliz より:

    お返事ありがとうございます。WordPressのも素敵ですね(^^)。私はプライベートのはとりあえずこのリンクのところにがんがん書き込んでます。たいしたものではないですが、こういうプライベートのはこれからどうしようかと考え中ですw。

  6. feliz より:

    。。あれ、スマホで見るとリンクが表示されてない(^_^;)。またお知らせしますね。

  7. ヴァランシエンヌ より:

    felizさん
    ありがとうございます〜私のところから見ると、パソコンでもスマホでも、
    『公開範囲が限定されている為閲覧できません』
    と出ちゃいます^^;
    何か登録とか、他のIDとかアカウント取らないと見られないのカシラ…/ _ ;
    またお時間ある時にお知らせ下さいまし(^。^)良い週末を〜

  8. feliz より:

    ごめんなさい。Simplogってアメーバのサービスなんですけど、外部からは見られないみたいですね。知らなくてすみません。とりあえず前使ってたアメブロにまとめてみました。最近はパンとガーデニングのことばかりですが(^-^;)、よろしければどうぞ。

  9. ヴァランシエンヌ より:

    felizさん:
    わ〜〜わざわざまとめて下さって、ありがとうございます❤
    早速お邪魔して参りました。パン、美味しそうなのがいっぱい並んでいて、ちゃんと作らないとな〜〜と刺激になりました。
    そのままいつでも見られる状態にしておいて頂けるようでしたら、新しいブログの方からリンク貼らせて頂きますが、どうでしょう?
    いずれにしても、今後ともよろしくお願いします(^^/

  10. feliz より:

    あっはい、つまらないブログですが、リンクしていだけるなら喜んで(^-^;)。ありがとうございます。私の方もリンク更新しておきますね。

  11. ヴァランシエンヌ より:

    felizさん
    ありがとうございます~週末までお外に出ているので、帰宅したら貼らせて頂きますね。
    こちらもお手数おかけしますが、よろしくお願いします~

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

近況報告 2015年3月上旬

日々の暮らし

気がついたら、一ヶ月近く放置してました・・・orz
えーと、一つ前のRLPO&ヴァシリー・ペトレンコの来日公演と時期を同じくしてインフルエンザ → 義父の葬儀 → フランス・ナンシーへの遠征・・と、怒濤の一ヶ月を過ごし、
やーっと、落ち着いて自分の生活リズムの見直しなどへの余裕が少しずつ出てきました。
えー?(フランスの地方都市^^;)ナンシーなんて、なぜ一人で行ったんですかっ?!
(職場で報告したら「なんしーって、南仏のほうですか?」とけっこう聞かれたんですけど、違いますっ、「アルザス・ロレーヌ地方」の「ロレーヌ」がナンシー、つまりドイツにほど近い方ですから、北東に当たります)
って、そりゃ・・・(///▽///

つづきを読む

日々の暮らし

コメント

  1. Basilio より:

    お疲れさまでした^^
    アレコの方は大体聴き終わったのですが、これは素晴らしいですね!彫り込みの深い歌唱で感動しました^^是非CD化して欲しい!

  2. Basilioさん:
    コメントとツイッターでの紹介、ありがとうございます。
    >彫り込みの深い歌唱
    そうでしょう、そうでしょう^^
    別の方からも「役の内面まで表現できる貴重な歌手」と仰って頂きましたし、
    初役でここまで完成度の高い表現するのか!と感無量でしたよ。
    大きな役を歌うことには相当慎重で、彼と同世代のバス歌手さんたちが、どんどんボリスやフィリッポ歌い始めているのに、
    彼ったらこの数年はコンサートとオペラと半々くらいの割合で、コンサートピースではショスタコをがっつり歌ってくれているので満足していたんですが、
    オペラといえばエスカミーリョばっかり・・;と、半分さじ投げしてたんですけど(また今年の5月も歌うし・笑)
    やる時はやるもんですねえ。
    フランチェスカ〜のほうもぜひぜひ、聞いてみて下さい。実は二回見たうちの最初の回では、マラテスタの方が、アレコよりもより向いているのかな・・と思ったんです。
    その時のアレコは、いわゆるアレコの歌唱としてはちょっと大人しめに聴こえるかも・・というような、静かな語り口で(これはこれで泣かせるんですが)
    「彼ならではのやり方だけど、これでは万人受けしないかもなあ・・」とちょっと気になったんです。
    でも、マラテスタでは冷徹な中にも苦渋の色を(決して情に流されることなく)見せたり隠したりという絶妙のバランス感覚で聴かせてましたからね。
    収録した最終日は、
    (ほんとはこういう言い方は好きじゃないんですけど)
    私にとっては「フランチェスカ・ダ・リミニ」という作品ではなく「ランチェロット・マラテスタ」という新しい作品なんだと思いました^^;;;
    「実力派」と言われることが増えてきましたけど、それに相応しいパフォーマンスを提示してくれたと思います。
    ナンシーオペラは殆ど収録や放送のないオペラハウスなんですが、数少ない収録作品の中に以前バロックファンの方たちのあいだで話題に上っていた【アルタセルせ】があって、DVDも出ているんです。
    なので、珍しい作品2本だてですし、是非DVDもリリースされると良いのですが。

  3. Basilio より:

    >大きな役を歌うことには相当慎重
    いやあそうあるべきだと思いますよ。今の若い歌手はマルチ展開し過ぎて本拠地がわからないと言うか、うまいのはうまいんだけど、うまいだけだよねみたいな人も結構いるし。
    ただ、確かにエスカミーリョばっかりは流石にどうかと思うけどw
    >マラテスタ
    どうもPCの調子が悪くてまだ全曲は聴けていないのですが、モノローグでの凄みのある演技が素晴らしいですね^^こちらの方が複雑な役どころと言う印象ですが、細かい表情付けまで達者!自嘲気味に笑うところなどお見事でした。

  4. Basilioさん:
    >マルチ展開
    ふふふ。まあ、彼もそう言われても・・的なところはありますね。公演記録をきっちり作って、きちんと分析して数値で表したいと思っているんですけど、
    今よりも小さい役が多かった頃は、伊、独、仏・・どれもこなしてました。
    この前もツイッターでちょっと話題にしましたが、ロシア人としては若い頃には殆ど露ものを歌ってなかったですし。
    でもバス歌手ってそれはある程度仕方ないかなって思います。若い時には本当に小さい役が多いですもの。
    エスカミーリョは、需要と供給のバランスによる結果みたいです。本人も全然好きじゃない役なんですよ^^;
    もちろん、受けた役を嫌々こなす・・ということはしない人ですから、毎回なにがしかのヨロコビを見いだすのに必死みたいですけど(笑)
    でもムカシ、トレアドールは高音域のテクニックを磨くのに役に立つ・・と言ってたことがあって。
    私の「良いバス歌手」の基準の一つは音域が広いことなんですが(ギャウロフ、シエピやグラインドルの音域の広さったら驚異的でしょ!)
    彼も(そんな大物たちと比べるのはもちろんおこがましいですけど)かなり音域は広い方だと思います。下は持って生まれたものですが、上は訓練で出るようにするしかないですものね。そういう意味では彼がエスカミーリョをしょっちゅう歌っているのも、彼の声にとってはいいことなのかもしれません。コッリーネだけだと、きっとラクラクし過ぎちゃうんじゃないかと(笑)
    (第九の独唱部分で、バリトン歌手ですら高音域に苦労しているのに、彼が綺麗にバーンと出した時には、訓練の賜物だねえって思いましたから)
    >マラテスタのモノローグ
    うーん、まあ、そこだけ聴いてもらえれば充分かもしれません(笑)
    変わった構成の作品ですものね。
    合唱と地獄の使者だけ→マラテスタのモノローグ→フランチェスカとのやり取り→フランチェスカとパオロの二重唱→合唱で〆
    とかいう感じで^^;

  5. Basilio より:

    まあ確かにそういう面はありますよね^^;
    ただ、うーん、今更君のその役は聴きたくないよっていうようなのをメジャーになってからも歌っている人もいますけども笑。
    エスカミーリョは超有名アリアがぼーんとあってそれはそれでいいんだけど、あとは別にオマケっぽいですしね…とは言えやはりあの鬪牛士があるからこそちゃんと歌える人にやって欲しいけれども。
    彼は音域確かにかなり広いイメージですね!
    おっしゃる通りバスでも表現力が必要とされる役ではかなり広い音域をスムーズに鳴らせる必要がありますもんね。ペトロフやネステレンコあたりもそのあたりが凄いなあといつも思います。
    ヴァラリンさんどう思われるかあれですが、個人的には彼はペトロフみたいな路線に今後言って呉れるんじゃないかなあと密かに期待していたりします。
    >フランチェスカ
    ラフマニノフらしく独創的とも、オペラっぽくないからあまりやられないとも言われそうですよね^^;最初のダンテの件とか大事なんだけど。
    そうフランチェスカとのやり取りの後の自嘲気味な笑いが凄まじかった!

  6. Basilioさん:
    >ペトロフみたいな路線
    おほほ。実は私もそう願っているのですよ。(そういえばバジリオさんと最初にお話するきっかけになったのも、ペトロフのことでしたね^^)
    ペトロフは迫力で押しきる感じではなく、巧さで聴かせるタイプですしね。そういう歌手が好きなので^^;
    私、彼を見てきてちょうど10年過ぎたところなんですが、これからの10年は、より大事な10年になると思います。
    も〜〜!と思う時もしょっちゅうありますけど、こうして一つ大きな仕事をやり遂げた彼を見て聴いたあとには、やっぱり自らのキャリアのことをちゃんと考えているんだな、としみじみ思います。
    バジリオさんのバス歌手紹介ブログに載せて頂くことが当面の目標です(笑)
    バジリオさんとのやり取りのお陰で、どう感想をまとめようかな・・という構想もだいぶこなれてきました。ありがとうございます♪
    確定申告の作業が終わったら、ちゃんと書きますね^^;

  7. Basilio より:

    >ペトロフ
    そういえばそうでしたね(^^)
    露勢ではいちばん端整な歌ですもんね♪
    >これからの10年
    ですね!とても気になります^^もっと来日して欲しいな笑
    そしてなにとりもっと彼の歌を聴きこまねば!
    少しでもお役に立てたようでなによりです^^
    感想記事、楽しみにしております♪

  8. バジリオさんとお話をしていて+HPの構成見直しがてらデータを眺めていたら、
    そういえば私、彼のヴェルディのオペラには一度も実演で接していないことに気がつきました^^;;;;;(ヴェルレクだけは一度あります)
    ヴェルディは、ルイザ・ミラーが二種類、モンテカルロでの「エルナーニ」も全曲映像収録されていたり、リゴレットもラジオで大ハマりしたとかで、なにげに接している気がしていたんですが、実はメディア経由だったんですねえ。
    (しかも「エルナーニ」はちょうど去年の来日騒動の直後に映像が上がったんですけど、バタバタしていて、未だに観てないんです・・)
    もし興味があるようでしたら、こちら↓ご覧になってみて下さいませ。
    http://youtu.be/BUVX80vlYyc
    ヴァルガス、デジエ、(今、新国のマノンレスコーで来日している)ヴァシレヴァが共演しています。
    シルヴァのアリアは↓
    http://youtu.be/fFqhDdnVuVE
    逆にロシアものは、放送、CDも含めると、
    聴けてないのがショスタコの「森の歌」だけという・・なんという偏り方^^;;;;;
    これも縁なんでしょうけど・・もしかしたら、来日して歌ってくれないと聴けない何かがあるのかもしれません(笑)
    やっぱり次に来日してくれるなら、新国でヴェルディがいいな
    (あら?イーゴリ公は?ルスランは?ボリスは〜〜〜〜〜?!)

  9. Basilio より:

    ひとまずシルヴァのアリアを。
    彼らしい整った歌い口で綺麗に歌っている感じですね^^ただこの時点だと、シルヴァには少し若々し過ぎるかなと言う気がします。贅沢承知で言いますと^^;
    アレコやマラテスタの後、今だったらもっと違うような気もしつつ、でもまだ暫く若々しい役の方がハマっていそうな気もしつつ。
    やはりそういう意味では僕はイーゴリ公とかルスランがいいなあ来日笑。
    あ、プローチダとかだったら比較的若くてもいいのか…でももう少し美味しい方がいいな折角来日ならw

  10. >シルヴァのアリア
    >彼らしい整った歌い口で綺麗に歌っている感じ
    あ・・そうなんだ(何しろまだ観てないもんで^^;)
    なんかそんな気はしてたんですが…いえね、シルヴァってフー様クラスの大御所がやるべきというか、やった方がいい役だと思うので、いくらなんでも彼には早すぎないか?!って危惧してたんですよねえ。
    尤も、多分役柄の年齢設定云々よりも、自分の声に合ったものを・・で選んでいると思うので、そういう無茶なことが時々起こるんですよ。。。
    (ピーメンとか、ヴァルター伯爵とか。。。^^;)
    枠にはめてはいかんと思いつつ、やっぱり餅は餅屋とでも言うか、やっぱり本領はロシアものだと思いますわ。。。(自分がいっぱい聞いているからってだけじゃなくて)
    アレコとマラテスタで来日でも全然いいのよ(笑)
    思い立って今、ファンサイトの改変を行っているんですが、手っ取り早く色々聞いて頂く時は、私のYTチャンネルにアクセスしてみて下さい。色々取り揃えております(笑)
    https://www.youtube.com/user/darkhoneybass

  11. Basilio より:

    あ、断片はご覧になってるのかと思ってました(^^ゞ
    うん、必ずしも美味しい歌の多い役ではないですけど、大物がやったほうが格段に面白いんですよね^^;もっと歳とってから熟成させたものを聴きたいな、と期待します♪
    アレコとマラテスタで来日は楽しそうですね!それは是非観に行きたい!!
    爺さん役なのにグレーミンがハマっているように思うのはお国ものだからか戀の歌だからか笑。

  12. >グレーミン
    あはは〜^^これはフー様よりも巧く歌っているでしょう(笑)
    でもあの嫁自慢アリアwって、オペラ界のマイウェイとでもいうか、誰が歌ってもそれなりにカタチができる曲ですよね。フー様もちょっと変?!ではありますが、演技でカバーしてるし^^;
    ギャウロフみたいにアマアマで歌ってくれると「いいねえ、このおっさんでれでれしてて(笑)」みたいな気分になりますわね。

  13. Basilio より:

    >グレーミン
    バスには珍しいのろけ歌ですよね^^
    一瞬しか出てこないけれど大物に歌ってもらわないと締まらないなあとは思いますけどね^^;力量ない人だと長くて長くて…w

  14. バジリオさん、お返事遅くなってすみません^^;
    昨日YTで「オネーギン」を色々見ていてやっぱり
    >力量ない人だと長くて長くて…w
    と、私も思いましたですw それにこのアリアも案外、広い音域が要求されるんですな〜〜と実感。私のごヒイキさんはYTでもそこそこ「いいね[E:good]」してもらっているから良い方なのかしらん?(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

150129 辻井伸行、ヴァシリー・ペトレンコ&ロイヤル・リヴァプール・フィル@愛知県芸術劇場

クラシック

今年初のコンサート。諸事情あって今回は名古屋のチケットを取りました。愛知県芸術劇場、一度行ってみたかったし!
チケット代のあまりの高さにひるんで
(ナンカの時みたいに、半額チケットは出ないと思ってましたからね・・ヤ○△クでちょぴっとお安くなっていた時に押さえておいたS席)
本当はBプロとか、Aプロの大宮とかも行きたかったんですが、結局この名古屋公演のみに留めました。
席は2F上手側の前方。指揮者もよく見える?!良席でほっ。

つづきを読む

クラシック

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

スペイン・バリャドリッドのミゲル・デリベス文化センターについて&140529-30 R.シュトラウス【変容】withカスティーリャ・イ・レオン管弦楽団

2014 May ドイツ&スペイン一人旅, クラシック

この記事は★こちら★でも読めます。読みやすいほうでどうぞ。写真はこの記事からそのまま引っ張ってきているので、こちらでは少し不格好ですがご容赦下さいませ。
ヴァシリー・ペトレンコ&RLPO来日記念その1。
(今更、いまさら、イマサラ〜〜〜〜〜!なんですけど^^;)

つづきを読む

2014 May ドイツ&スペイン一人旅, クラシック

コメント

  1. 高嶺 より:

    ヴァランシエンヌさん、こんにちは。
    スペインの空気が伝わってきそうな写真ですね、更新たのしみにしておおります!
    ところで英国やロイヤルオペラ等に関心がありましたら、駐日英国大使館が英国アンバサダーを受付しています、
    いろいろな情報やイベントがお知らせされるようです。
    (Twitter上でリツイートしております)
    宜しければチェックしてみて下さいね。

  2. 高嶺さん:
    ありがとうございます。PCに埋もれたままになっているのも惜しいので、やっと腰を上げたところです。
    回数行っているのは圧倒的にドイツ(ベルリン)ですが、スペインは居心地がいいし、私の性に合うようで、時々「もしかしたら一番好きな外国はスペインかも」と思うぐらい好きです。
    >英国アンバサダー
    お知らせありがとうございます。ROHは今年来日公演もしますしね。最初の海外一人旅がロンドンでしたが、誰かさんもROHにもその後何度か出ているんですが、そのとき一度行ったきりです。。。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

今年もよろしくお願いします

日々の暮らし

早、2015年も5日が経過・・;
オットが今日までお休みで、夕方単身赴任先へ戻って行きました。
これでいっとき、自分の時間が取れます(笑)

つづきを読む

日々の暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

総括2014

日々の暮らし

早いもので今年もあと3日・・時の流れは本当に速いですね。
今日から私もお休み。今月頭から苦しんでいる^^;膀胱炎の治りが悪くて、今日も通院で半日つぶれてしまいましたが、もお~~~っ!ほんと早くすっきり治って欲しい(笑)
先日、ちょこっと京都へ行ってきましたが、その時に荷物云々というツイートをしたところ、色々と反響があったので、まとめておきたいんですが;
年内にゆっくりパソコンに向かって記事を書く時間がとれるかどうか微妙なので、ツイートのまとめは年明けに持ち越して、今日は今年の総括をしたいと思います。

つづきを読む

日々の暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

今夜です!0:05-BSプレミアムにてメータ/ベジャール第九、放送されます(^^)

アレクサンドル・ヴィノグラードフ, クラシック

さて、こっちでも紹介しておきましょうかね。
12月22日0:05〜BSプレミアムにて、11月8日/9日にNHKホールで上演されたバレエ第九の放送です。
この公演には、ワタクシが応援しているロシア人バス歌手のアレクサンダー・ヴィノグラードフが遠路はるばる日本まで来てくれて、バスソリストとして参加してくれました[E:confident]
バレエファンが大半を占めるなか、アウェー感いっぱいでバスのソロを目当てに3回通った公演ですからね^^;
TVで見るとどういう感じなのか・・そして、今度こそ私はバレエをちゃんと見ることが出来るのでしょうか(^^;
今回の放送では、色んなジャンルを愛する方々が観て下さることを期待してます。
第九で人間の声が最初に入る重要な箇所を担っている、バスの声もぜひぜひ、楽しんで下さいね(^^♪
・放送に関するまとめ記事→→→
・公演の感想(「はてな」にアップした記事へ頂いたコメント、連れてきました〜〜遅くなってごめんなさい^^;)→→→

つづきを読む

アレクサンドル・ヴィノグラードフ, クラシック

コメント

  1. klavier より:

    あけましておめでとうございます。
    昨年も色々とどうもありがとうございました。
    我が家は、BSが観られないので残念だったのですが、大晦日に地上波NHKのクラシック演奏会ハイライト的な番組で、この第九公演の模様を少し観ることができました。
    >第九で人間の声が最初に入る重要な箇所を担っている、バスの声
    そうです、ハイライトではこの、ちょうどヴィノさんの輝かしい声で歌いだすところから放送されました。この放送の時もヴァラリンさんはNHKホールでご覧になられていたのですね♪ヴィノさんはスリムでカッコ良く、その上にあの素晴らしい声をお持ちで、本当に凄いですね!
    バレエもテレビでよく観れて良かったです。
    それでは、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

  2. klavierさん:
    お返事遅くなってすみません!今年も宜しくお願いします[E:lovely]
    そうそう、大晦日のEテレのクラシックハイライト、私もN響の第九を観た流れでだら〜〜〜と観ていたら取り上げてくれて、しかもあの場面からだったのでビックリしましたよ(^^;
    バス独唱部はオットも絶賛してくれたので、ホッとしました(はははー)
    知ってたらもっと大々的に宣伝したんですけどねえ。
    ツイッターでもあのハイライト部分の放送だけでもBSを見逃した方、klavierさんのようにBSが観られない方からも、そこそこ反応がありましたので、
    是非Eテレでも全曲放送して欲しいですね。NHKオンデマンドでの単品視聴も終了してしまいましたし
    (見逃し観放題パック、とかいうのだったら観られるようですけど、そもそも有料の配信なんて、なんだかなあ・・な感じで・・・↓)
    https://www.nhk-ondemand.jp/goods/G2014059432SC000/index.html
    あとはもう、DVDの発売を待つしかないのかなあ・・
    私も放送を観て以来(というか、舞台を観て以来?!)第九を聴くとバレエが思い浮かぶようになりました^^;
    マイペース更新ですが、こちらこそ今年もどうぞよろしくお願いします[E:wink]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

141206 ドン・カルロ@新国立劇場

オペラ

新国でオペラ見るのは、今年1月の「カルメン」以来だし、オペラの実演見るのは5月のベルリン・シラー劇場での「ドン・カルロ」以来・・
急に思い立って夫に声をかけたんですが、二人で劇場鑑賞するのはいつぶり?!と、もう思い出せません(笑)
決してオペラゴアー、コンサートゴアーじゃないね・・・とつくづく思います。
今回の演出は、8年前のプレミエの時にも見ています。私、その時が新国デビウだったのですが(アメリカから帰国した年の9月のことでした・・)
改めて舞台を観てみると、細部は殆ど忘れてました(^^;

つづきを読む

オペラ

コメント

  1. Basilio より:

    レビュー、お疲れさまでした^^
    エスコバルは今後の精進次第で化ける可能性がありそうだなあと僕も思います。あれだけ通るならそれこそ抒情的なところにもう少し磨きをかければマンリーコとか良いんじゃないかな。
    シヴェクも現状で完璧!なフィリッポではないですよね。今後もっと練り上げて行って欲しいなあと。
    妻屋さんのみ再演でしたが、彼は声の面でも演技の面でも、そしてこの演出にも合っていますよね^^過去に見た彼の中でもベストだと思いました。
    エボリとエリザベッタは自分が観た公演ではエボリ>エリザベッタでしたが、このあたりは当日の調子で結構変わりますよね~^^;

  2. Basilioさん:
    返信も含め、すっかり遅くなってしまってすみません。冷めたレビューなので、アップするのに躊躇してました^^;
    自分が若いバス(っちゅーのもだんだんおこがましい感じになってきたんですが・・「中堅」にしときますかね。38歳になりましたし)を応援しているので、言いにくいんですけど;;
    BSで放送された「ばら@ザルツブルグ」のオックスも若いオックスということで評判になってましたが、老け役をわざわざ、歌い演じている歌手の年齢に合わせるような扮装や設定には違和感があります。
    若さとかギラギラ感って、役に寄ってはそれがプラスに働くと思いますが、フィリッポやオックス(ボリスもかな・・)は、声楽的にも声や表現の成熟が求められると思いますし、却って未熟さが目立つんではないかな・・と。
    シヴェクのフィリッポは、正にその点が気になってしまって、私のフィルターにはかからなかったんだと思います・・;
    エボリは、一番評価が分かれていたんじゃないでしょうか。好みの問題かもしれませんが、見かけにも惑わされたかもしれません^^;
    私はエリザベッタの楚々とした佇まいの方に惹かれました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

やっとその気になってきた

日々の暮らし

12月に入ってからずっと忙しく(先月のイベント疲れも残ってる・・のかな)
PCの置いてある部屋と暖房との距離が離れているせいもあり
(ガスファンヒーターなので、動かせないしパソコンはデスクトップだからお互いに動かせないというわけ)
ブログどころか、ツイッターすら見る気も書く気も失せ、いよいよこのままフェードアウトか?!とか思っていたんですが^^;
一段落ついたので、ようやくPCに向かう気力が湧いてきました。
ざっと近況報告をしておきます。
新国のドンカルロ、ちゃんと行きました^^;
久しぶりの新国、思い立って夫と一緒に行ったのはいつぶり?!てな感じだったんですが
土曜日の昼公演なのに、1階のS席サイド前方エリアの空きっぷりには唖然・・
(だから直前で切符が買えたんですが)
あのエリアは以前は、アトレのセット券だと全て20%引きで買えたので、私もセット券を買っていた頃には好んで利用してました。
それが、何年か前から15%引きになってしまい・・それも影響しているのでは?
再演とは言え、人気演目の週末マチネの公演であれでは・・
安い席はほぼ完売(確かに上の方は埋まっていた)のようでしたから、あのエリアはセット券割引以外でも
せめて、アトレの会員向けには特別割引価格で販売する、とか、何か工夫して欲しいです。
(だって、今回のように真ん中から見ないと舞台の全容が明らかになりにくいセットですと、やはりちょっと分が悪いと感じました)
そんなことも交えつつ、感想の方もぼちぼち・・
シュトレン、まだ作ってない(笑)

つづきを読む

日々の暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

見たもの,纏めたい…んだけど

日々の暮らし, アート


今日は国宝展に行きました。自宅を出たのは7:30なんですけど、到着したのは10:10.行くだけで疲れる・・上野は遠いわあ。
.
混んでいたし、みたいものは決まってたので、ピンで観ることに絞って。

また詳しく書きたいのですが、実はかなり胸いっぱいになってまして[E:coldsweats01]
今日はまとまらないです…

つづきを読む

日々の暮らし, アート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

出戻って参りました(^^;

日々の暮らし

何回目〜?と呆れられそうですけど(^^;

つづきを読む

日々の暮らし

コメント

  1. klavier より:

    ヴァラリンさん、こんばんは☆
    早速、こちらの新しいアドレスにリンクも張り替えておきました。
    そして、私のメアド変更の件は、お手数をおかけしまして、申し訳ありませんでした。今回記載したものが、現在のアドレスなのでどうぞよろしくお願い致します。
    ヴァラリンさんは、長年、国際的でとても充実した内容のブログを続けていらっしゃるので、管理も大変だろうと思いますが、本当に色々と参考になる記事や楽しい記事が多くて、ありがたいです。
    ちなみに私は、子供の頃と、20代の独身の頃に趣味でクラシックバレエを習っておりまして、20歳前後の頃から、30歳前後の頃までベジャールのバレエに傾倒している時期がありました。それで若い頃にバレエの公演はよく観に行っていましたので、もとはバレエファンだったのですが、今はその熱はちょっと冷めてまして、バレエの記事もあまり書いていませんので意外だったかもですね^^;
    でも、ベジャール振付の第9はまだ観たことがありませんでしたし、超豪華な指揮者とオケ、そしてソリストとの共演でしたので、非常に興味があったのです♪ヴァラリンさんの記事を読めて、良かったです!
    12月に入り、急に寒くなってきましたね。ヴァラリンさんもどうぞご自愛されますように。どうもありがとうございました☆

  2. klavierさん:
    いらっしゃいませ〜!(って、もう何度もいらして下さってるのに、ね^^;)
    早速ありがとうございます&何度もお手数をおかけしてすみませんでした。
    もう、暫くはここでしっかり、根を張って頑張りますわ!
    >国際的でとても充実
    んまあ(笑)ありがとうございます^^;
    でもほんと、最近は集中力が続かなくて量産できないです。ツイッターに流れているせいもあるんでしょうが、あれはあれ、これはこれ・・と上手に使い分けて行きたいです。ツイッターではどうしても補いきれない面がありますからねえ。
    それにしてもklavierさんがそんなにバレエとご縁が深いとは!そういう方にこそ本当は観て頂きたかったなあ・・と思います。
    (私はあまりにもバレエに対して無知でして・・;[E:coldsweats01])
    テレビ放送もありますし(そしてまた騒ぐんですねえ・・私ったら[E:coldsweats01])DVDも出ると思いますので、ぜひぜひ。
    ホントに急激に寒くなってきました。お互いに心身労りつつ、楽しい年の瀬を迎えましょうねっ[E:lovely]

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

黄身の味噌漬け まとめ

日々の暮らし

一週間前に作った(漬けた)黄身の味噌漬けですが、
ツイッターで質問を受けたので、これまでの経緯をまとめておきます。

つづきを読む

日々の暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

気持ちの整理は

日々の暮らし

無理につけようとして、つけなくてもいいと思うの。
何かあれば(笑)急にはしゃいだり、落ち込んだり、誰とも口をききたくなくなったり、気持ちの浮き沈みが激しくて、自分でも手がつけられなくなるような時期もあるけど。
嵐はずっと続くわけじゃないからね…女性はお月のものの周期にも影響されますし。
(やっと落ち着いた人^^;)
そのうち、なんとかなります…多分。

日々の暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

141108-09 モーリス・ベジャール振付/ズービン・メータ指揮 第九交響曲@NHKホール

日々の暮らし

さてさて、お待たせしました?!第九の感想です。
・お礼は♪こちら♪
・まだ気持ちの整理がつかない〜〜とぐちぐち言ってるのは♪こちら♪

今回はバレエとのコラボだったので
バレエが前、オケとソリストは舞台奥の一段高いひな壇、合唱はさらに高い位置で脇に女声と男声・・という感じの配置でした。
3回とも2階席で、最初は左サイドの中くらい、9日の昼公演はセンターの19列目(後ろから2列目)最後がセンター10列目(これだけA席)で、
条件としては最後が一番良かったし、演奏も最後が一番良かったと思います。
でも、ただでさえ音響の悪いNHKホールで、オケはそこまで引っ込んでいるし、なんかやっぱり「バレエに合わせている感」を感じてしまうせいか、音が全然飛んでこない…

つづきを読む

日々の暮らし

コメント

  1. Basilio より:

    どうも!早速おじゃましました!^^ こういう企画は斬新で面白い半面、もう少し普通に愉しみたいんだけど…という恨みはどうしても残りますよね^^;いい演奏ならなおさら。 難しい問題です。 リンク、貼り替えますね! (Googleのはコメントしようと思ったら間違えてログアウトしちゃったり結構難しいなあと思っていたのはここだけの秘密)

  2. ヴァランシエンヌ より:

    Basilioさん:
    早速ありがとうございます〜アプリからコメントの承認のやり方がわからなくて、この時間の反映になりました。ごめんなさいねー。 リGoogleのは、管理人の私でもよく間違えてログアウトしちゃってました。 それにコメントの表示が実は標準じゃなかったりとか、やっぱり感性が日本製のブログとちょっと違うんですよね。単なる記録とか、もっと事務的な内容を淡々と綴るには適しているんでしょうけどね。
    >普通に愉しみたい
    そうなんですよ〜〜とにかく歌手にとっては悪条件だったと思いますが、本人はメータと仕事出来てほんとに嬉しい!って喜んでましたヨ。
    まあ、はるばる日本まで来てくれて、映像に残る仕事をしてくれたのですから、彼には本当に感謝してます。

  3. Basilio より:

    日本人とは違う理で動いてる感じですよね笑。
    そうですよね、遥かかなたでチャレンジングな仕事をして呉れたのは、本当にありがたいことだと思います。

  4. ヴァランシエンヌ より:

    >チャレンジングな仕事
    ほんとそうです。第九はこれからもしょっちゅう歌うでしょうけど、このバレエ第九にまた出ることがあるとしても、映像化はそうそうされないでしょうし、増して日本で、というのはね・・
    寂しさもだいぶ和らいできましたし(笑)またしっかり応援しなきゃと思ってます♥

  5. klavier より:

    こんばんは。 ヴァラリンさん、3公演とも通われたのですね!何とも、羨ましいです^^
    でも確かに、音楽をもっと良い音で集中して聴くためには、一回でも良い音響のホールで音楽だけの演奏会があったら良かったのにって、思われたでしょうね。
    せっかく素晴らしい声と演奏なのに、それは私も何だかもったいないような感じが致します。
    私はもともとは、バレエ・ファンだったために、バレエの舞台は視覚的要素が大きく、演奏がどうこうとか思ったことがありませんでした。そのほとんどが録音だったのもありますし。
    ですが、ヴァラリンさんも書かれているように、バレエファンにとって、こんな素晴らしい生演奏で鑑賞できたことは貴重な体験だったことと思います。
    さすがヴィノグラードフさんの麗しいバスの声は、インパクトがあったでしょうね☆
    貴重なご感想をありがとうございました。次は、ヴァラリンさんお気に入りのオペラとか来日してくれたら良いですね!

  6. ヴァランシエンヌ より:

    klavierさん:
    いらっしゃいませ〜!また宜しくお願いしますね^^
    もう二週間経ってしまったのか〜〜と思うと、あの2日間もあっという間だったけど、その後の2週間も私はただただ、寂しさに浸っていて、全然進歩がなく。。。
    klavierさんがバレエファンだったというのは意外な感じがしますが(ピアノから入っていらっしゃるのかと思ってました^^;ごめんなさい)
    BSで12月には放送もありますので、良かったらご覧になってみて下さいね。
    >オペラで来日
    4年前に大好きなオペラ(=フィガロの結婚)で来日してくれた時は気合いが入りすぎて疲弊したから、次はコンサートがいいと思ってたんですが、疲弊するのは同じでした(笑)
    来日してくれるのは本当に嬉しいし、特別なことではあるんですが、 正直なところ、自分が外に追っかけて行く方が(旅のリスクは差っ引いても)遥かに精神的にラクです。なんででしょうね?^^;

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

テスト

日々の暮らし

上手く行くかな?今日は本当に寒いですね‥[E:virgo]
写真は昨日行った代官山の中華レストラン。
1416911227000.jpg

日々の暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

まだ気持ちの整理がつかなくて

アレクサンドル・ヴィノグラードフ

11月8日と9日にNHKホールで上演された、アレクサンダー・ヴィノグラードフがバスソロで参加したモーリス・ベジャール振付/ズービン・メータ指揮イスラエルフィルの【第九交響曲】…

あっという間に終わってしまいました。来て下さった方々には心よりお礼申し上げます。
2010年の新国フィガロ以来の来日になったヴィノグラードフですが、今回初めてコンサートでの来日で、日程もタイトで疲労もかなりあったと思われます。
こちらにお礼記事アップしてます)

つづきを読む

アレクサンドル・ヴィノグラードフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

アレクサンダー・ヴィノグラードフ来日のお知らせ

アレクサンドル・ヴィノグラードフ

★★11月4日:無事来日して、リハーサルも始まったようです。ゲストブック作りましたので、メッセージをゆる〜く募集中。詳細は →→→


★10月25日現在、半額チケットやU-30限定チケットにもまだ余裕があるようです。まとめ→→→


★10月5日
割引チケットの情報まとめました。こちら→→→

ツィッターファンサイトでは先にご報告させて頂いたのですが、

私が応援しているロシア人バス歌手、アレクサンダー・ヴィノグラードフが、2010年10月のフィガロの結婚以来、4年ぶりに来日します。(11月8日&9日@NHKホール

今回はコンサート。ズービン・メータが指揮するイスラエルフィルの第9なのですが、通常の第9と違い、モーリス・ベジャールの振り付けによるバレエとのコラボ。どちらかというと、第9というよりもバレエの要素が高く、お値段もそれ相当の来日バレエ同様の設定になっています(^^;
ですので、どちらかというとバレエとして注目を集めているみたい。

つづきを読む

アレクサンドル・ヴィノグラードフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

チューリッヒ美術館展vsオルセー美術館展

アート

そういうわけで、都内での用事はすぐに済んだものの、台風の影響で使用路線がストップしてしまったので時間をつぶさねばならず…

「あ、国立新美術館なら月曜日も開いてたはず!」と思い出し、乃木坂まで行くことに。
以下ピンク色の字はツイッターからの転載です。

つづきを読む

アート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

子宮頸ガンのコルポ診の結果

健康
★グレーで色着けてある部分はツイートしたものです。


明日都内の病院に検査結果を聞きに行く予定だけど、特急は早々と運休決めちゃって(>.<) とりあえず早めに起きて状況見ながら動かねば。おやすみなさい~
posted at 23:58:31
・検査結果…9月に受けた子宮頸ガンのコルポ診(精密検査)の結果。

つづきを読む

健康

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

もう10月・・

日々の暮らし

職場は只今、年に一度の蔵書点検中。普通のお店の棚卸しのようなものですが、
なんせ埃まみれになって、脚立に上って書庫の本を一冊ずつハンドスキャナーでスキャンするという、原始的な作業・・;

一週間ほど前からのどの調子が悪かったところに、ホコリを思い切り吸い込んだ為か?
悪化して、咳がごほごほ。
昨日の昼過ぎにはお喋りするのもしんどいほど。風邪から気管支炎になってしまったかと思って、早退して近くの病院へ寄って行きました。

つづきを読む

日々の暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.

“Valenciennes Traeumereien”10周年♪

日々の暮らし

(10周年記念記事を現在稼働中のBloggerに書きました。そちらから転載しておきますね。今後とも宜しくお願いします)
最初に私がホームページの“Valenciennes Traeumereien”を立ち上げたのは、2004年7月28日。
HP → 初代ブログ → 2代目(今ここ)、この間にこっちと一緒にしたり、旅専用のサブブログを作ってみたり・・と右往左往しているので(笑)継続している感には欠けるんですけど、

(最近はブログブームも下火になりましたし
「ヴァラリンさんって、まだブログやってたの?」的な感じの方も多いでしょう^^;)

どうにかこうにか10周年。というか、ええっ、もう10年も経っちゃったの?!

細々とニッチなネタでやっておりますが、ニフティの初代ブログ(今も閲覧数はダントツに多い)のカウンターは2014年7月末現在で48万を超えています。

現在まで私と交流して下さっている方々はもちろんのこと、この10年で延べ何人の方が(通りすがりも含めて)来て下さったのかな〜と思うと、感慨深いです。

ホントに、ありがとうございます。

一応節目ということで、この10年を簡単に振り返ってみます・・

つづきを読む

日々の暮らし

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.