190129-0202-0205 カルメン@メトロポリタン歌劇場(全体編)

★3月8日〜14日までライブビューイング上映演目です。ネタバレ含んでいますので、気になる方は鑑賞後に読み流して頂けると幸いです。よろしくお願いします。

1月29日、2月2日(ライブビューイング収録日)2月5日の3回鑑賞。

もちろんアレクサンダー・ヴィノグラドフのエスカミーリョが一番のお目当ての鑑賞でしたが、今シーズン彼はMET以外にもダラス、ROH、ハンブルクでエスカミーリョを歌う(歌った)予定。

でもやっぱり、スター・テノールのロベルト・アラーニャのドン・ホセと共演できる機会はそうそう訪れないでしょうから、選ぶならMETのカルメンだな…と心の中ではずっと前に決めてました。
“190129-0202-0205 カルメン@メトロポリタン歌劇場(全体編)” の続きを読む

190129-0202-0205 カルメン@メトロポリタン歌劇場(エスカミーリョばっかり編!)

★3月8日〜14日までライブビューイング上映演目です。ネタバレ含んでいますので、気になる方は鑑賞後に読み流して頂けると幸いです。よろしくお願いします。

1月29日、2月2日(ライブビューイング収録日)2月5日の3回鑑賞。

最初は2月2日のHD収録日は、3月に映画館で観るのだから、それ以外の日にちを見た方がなんとなくお得な感じがするなあと思って、2月5日、最終公演の8日の2回観るつもりで計画を立てていました。

ところが飛行機がどうにもうまく合わず、おまけに2月5日が春節でホテル代も高騰。
ならば前にずらして、いっそのこと3回観るかあ〜〜で、こういう日程になりました。
(お陰でゆったりはできたんですが、カードの請求金額が恐ろしいことになっておる。。。)

結果的にはこの日程で良かったと思います。
29日はHD収録のためのテストカメラが入っていましたから、なんとなくそれ向けの最終確認を兼ねたリハーサルのような面もあったのかなと感じましたし

2日の収録日はものすごい熱量で「ああやっぱり、こういう特別な時に居合わせたのは幸せなことだなあ」と思いましたし

5日は無事収録が終わって、カメラがなくなったお陰か、皆さんリラックスしていて、普段の公演のいい高揚感を感じましたし。

それぞれの雰囲気の違いを楽しむことが出来ました。いっそ最終公演の8日も観たかったなあというのが本音。

さて3月8日からは全国の映画館でHD(ライブビューイング)もあるので、あまり細かな感想はそれまで控えておこうかなと思っていたのですが、
やっぱり映画館で観る前に整理しておこうと思いまして。

ネタバレが嫌だ!という方は、どうぞHDが終わってから「ああ実演だと、そういう風に感じたのか・・」と読み流して頂ければ幸いです。

“190129-0202-0205 カルメン@メトロポリタン歌劇場(エスカミーリョばっかり編!)” の続きを読む

190201 イオランタ/青髭公の城@メトロポリタン歌劇場

2月1日はチャイコフスキーの「イオランタ」とバルトークの「青髭公の城」の二本立て。
2015年のHDで観たことがある演出です。

150403 イオランタ/青髯公の城@Metライブビューイング

イオランタの表題役は、今やすっかりMETのディーヴァとなった、ソーニャ・ヨンチェヴァ。
私が帰国した直後に、今秋のROH来日公演「ファウスト」のマルグリート役を降板し、来日しない・・・という話を聞いて
「ああ、METで聞いておいて良かった」
と思いました^^; “190201 イオランタ/青髭公の城@メトロポリタン歌劇場” の続きを読む

190130 ドン・ジョヴァンニ@メトロポリタン歌劇場

当日券をボックスオフィスにて購入。

前日にカルメンを平土間後方で観て、下の方に座っている時には、ここの劇場の巨大さをそこまで体感しないものだな…と感じました。

それで上の方でも観てみたいと思い、当日の午後3時過ぎぐらいにボックスオフィスに立ち寄ると、5階のバルコニー席の真ん中ブロック一列目で、ぱかっと空いていたところを勧められました。
100ドル+手数料2.5ドルで合計102.5ドル。 “190130 ドン・ジョヴァンニ@メトロポリタン歌劇場” の続きを読む

180519-25 ルイザ・ミラー@METライブビューイング

【日本語字幕ひとつで、こうも印象が変わるものか】

ご贔屓さん(ヴァルター伯爵を歌ったアレクサンダー・ヴィノグラドフ)のMETカンパニーデビューに加えてLVデビューまで果たしたことで、結局3回映画館に足を運びましたが、印象的だったのは、先ずそのことでした。

この作品、これまでにヴィノグラドフが過去3回歌ったうちの2回がラジオ放送&映像化されており、その時々に、部分的にはいいな・・と思う場面があれども、
作品全体にのめり込むほどには至りませんでした。

そしてその都度、もちろん今回の公演のラジオ放送(3/29の初日、4/9、そして4/14の今回の映像配信と同時に中継されたもの)を聴いた時には、嘗てはCDのリブレット、今はネットで読める対訳にも目を通していたのですが、ヴェルディの初期〜中期のブンチャッチャ作品にありがちな、起承転結が弱いご都合主義の作品だと思っていたのです。

しかし、映画館で、字幕付きで歌手の演技歌唱を観ると(聴くと)
「筋立てが弱いんじゃなくて、むしろいろいろ盛りすぎて訳がわからなくなっているんじゃないか、これは一度原作のシラーの戯曲にも目を通しておくべき?」
とさえ感じました。

なんせ「クスッと」笑うことすら許されない厳しさを持った「徹頭徹尾ザ・悲劇」の典型…流石に「ドン・カルロ」と同じ作者の書いた戯曲であることよ…(目下シラア原作の岩波文庫「たくみと恋」(「たくらみと恋」じゃないのがミソ)を読んでるとこです^^;) “180519-25 ルイザ・ミラー@METライブビューイング” の続きを読む