180519-25 ルイザ・ミラー@METライブビューイング

【日本語字幕ひとつで、こうも印象が変わるものか】

ご贔屓さん(ヴァルター伯爵を歌ったアレクサンダー・ヴィノグラドフ)のMETカンパニーデビューに加えてLVデビューまで果たしたことで、結局3回映画館に足を運びましたが、印象的だったのは、先ずそのことでした。

この作品、これまでにヴィノグラドフが過去3回歌ったうちの2回がラジオ放送&映像化されており、その時々に、部分的にはいいな・・と思う場面があれども、
作品全体にのめり込むほどには至りませんでした。

そしてその都度、もちろん今回の公演のラジオ放送(3/29の初日、4/9、そして4/14の今回の映像配信と同時に中継されたもの)を聴いた時には、嘗てはCDのリブレット、今はネットで読める対訳にも目を通していたのですが、ヴェルディの初期〜中期のブンチャッチャ作品にありがちな、起承転結が弱いご都合主義の作品だと思っていたのです。

しかし、映画館で、字幕付きで歌手の演技歌唱を観ると(聴くと)
「筋立てが弱いんじゃなくて、むしろいろいろ盛りすぎて訳がわからなくなっているんじゃないか、これは一度原作のシラーの戯曲にも目を通しておくべき?」
とさえ感じました。

なんせ「クスッと」笑うことすら許されない厳しさを持った「徹頭徹尾ザ・悲劇」の典型…流石に「ドン・カルロ」と同じ作者の書いた戯曲であることよ…(目下シラア原作の岩波文庫「たくみと恋」(「たくらみと恋」じゃないのがミソ)を読んでるとこです^^;) “180519-25 ルイザ・ミラー@METライブビューイング” の続きを読む

161007 フェルッチョ・フルラネットリサイタル@トッパンホール

今更感大有りです(もはや「蔵出し鑑賞記」の世界・・;)

このコンサートはとても楽しみにしていて、予習音源リストまで作って張り切ってたのに、10ヶ月もほったらかしてしまいました💦

フルラネットさんのリサイタル 予習音源

ということで、当然細部は忘れているんですが、当時のメモ&10ヶ月以上経っても印象に残っていることを。 “161007 フェルッチョ・フルラネットリサイタル@トッパンホール” の続きを読む

オペラマラソン7日目:170310 Faust @ Deutsche Oper Berlin

オペラマラソン7日目はファウスト@DOB。昨年エッセンで見た同じ演出をどうしても検証したくて1年間計画を温めた甲斐がありました。これと3日目のライプツィヒのファウストとの見比べが今回の1番のイベントだったので満足。

BESETZUNG

Musikalische LeitungJacques Lacombe
Inszenierung Philipp Stölzl
Co-RegieMara Kurotschka
BühnePhilipp Stölzl
Heike Vollmer
KostümeUrsula Kudrna
LichtUlrich Niepel
ChöreThomas Richter
Faust Abdellah Lasri
Méphistophélès Ildebrando D’Arcangelo
Marguerite Heidi Stober
Valentin Thomas Lehman
Siebel Irene Roberts
Wagner Philipp Jekal
Marthe Ronnita Miller
ChöreChor der Deutschen Oper Berlin
OrchesterOrchester der Deutschen Oper Berlin

オペラマラソン6日目:170309 Ariadne auf Naxos @ Schiller Theater, Berlin

面白かった!ベルリンで居候させて貰ってた友達と初めて一緒にオペラに行けたのと、大好きなアリアドネをやっと実演で聴けたこと。
プロローグでは音楽家のカンマーローアーさんが熱唱してて、感動的だったな。

「オペラ」の方では、アリアドネがどてーっと寝てたり😅バッカスがちんちくりんで(ごめん🙏)こんなんじゃやだあ〜っと思ったり、最後も微妙にいじってたりとか、細部で気になるとこはあったけど、概ね満足。
ツェルビネッタも熱演してたし。
ベルリン国立歌劇場の仮小屋だったシラー劇場で観た最後のオペラがこれになったわけで。そんな意味でも思い出深い公演です。

BESETZUNG

MUSIKALISCHE LEITUNG Eun Sun Kim
INSZENIERUNG Hans Neuenfels
BÜHNENBILD Katrin Lea Tag
KOSTÜME Andrea Schmidt-Futterer
LICHT Stefan Bolliger
DRAMATURGIE Yvonne Gebauer

DER HAUSHOFMEISTER Elisabeth Trissenaar
EIN MUSIKLEHRER Arttu Kataja
DER KOMPONIST Katharina Kammerloher
PRIMADONNA – ARIADNE Anna Samuil
TENOR – BACCHUS Roberto Saccà
ZERBINETTA Elena Sancho-Pereg
HARLEKIN Gyula Orendt
SCARAMUCCIO Linard Vrielink
TRUFFALDIN Grigory Shkarupa
BRIGHELLA Miloš Bulajić
NAJADE Evelin Novak
DRYADE Natalia Skrycka
ECHO Sónia Grané
EIN OFFIZIER Sergiu Saplacan
EIN PERÜCKENMACHER Adam Kutny
LAKAI David Oštrek
TANZMEISTER Manuel Günther
PUPPENSPIELER JARNOTH

ORCHESTER
STAATSKAPELLE BERLIN