ワクワク、ドキドキ、ときめいたと思えば悩んだり。ココロは万年乙女・アラフィフ主婦の愛と勇気と愛しい声と。

170818 出光美術館と松岡美術館

アート

都内の美術館・博物館がオトクに見られる「ぐるっとパス」を使って、昨日は2箇所行ってきました。
出光美術館では「祈りのかたち」という仏教美術入門の展示。ポスターを見た時には「仏画の展示かな?」と思っていたんですが、仏具や曼荼羅、仏像もあり、楽しく鑑賞できました。

最新の展覧会|展覧会情報|出光美術館

私は仏画が好きで(と言っても学術的にどうのこうのというレベルではなく、観るのが好きなだけ)特に観音菩薩のなまめかしい〜ような、女性的なのが大好き。
仏像は性を超越している!とはいえ、柔らかで立体的な曲線を見ると、やはり女性的だな…と思いますし、力強い金剛力士像にはやはり男性的な力を感じます。

今年は奈良国立博物館での源信展をやっているお陰か、地獄絵図の展示もあちこちでやってますね。

源信|奈良国立博物館

出光美術館でも出てました。罪を犯したら地獄で審判を受けて・・・って、西洋と東洋、思想の違いはあれども、そこは同じなんだなと。
(ちょっと「往生要集」読んでみようかしら〜という気になっていたり^^;)

出光美術館でもガンダーラ美術からの出典がいくつかありましたが、このコレクションは松岡美術館の常設展が優れてます。

松岡美術館

ガンダーラ美術の仏像は、在米時代にシカゴ美術館でもけっこう見てたんですが、すっごいハンサムなんですけど(笑)
やはり日本の仏像の方が、特に最近では本当に良いなあ…と思います。精神的に落ち着くというか・・・優美で繊細で、でも力強く。

でも昨日、2つの美術館を通じて一番「わあ!」と思ったのはこれ↓(笑)

(出光美術館に出てますw)

美術展の感想は音楽の感想よりも難しいですが、これからはできるだけ記録して行きたいと考えてます。

ヴァランシエンヌ

通称ヴァラリン。モットーは【チャーミングなオトナのオンナ】 アラフィフ主婦の日常生活や年に一度?!のおっかけ旅行記その他を執筆中です。 昨年秋に10年間の公立図書館パート勤めに別れを告げて新たな人生模索中。 人生のスパイスは愛と勇気と愛しい彼の声。 ロシア人バス歌手アレクサンドル・ヴィノグラードフのファンサイトも運営中:) こちらもよろしくお願いします。 詳しくはこちら Great fan of Russian Bass Singer Alexander Vinogradov & a webmaster of his fansite :)

アート

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.