ワクワク、ドキドキ、ときめいたと思えば悩んだり。ココロは万年乙女・奈良/京都の県境からアラフィフ主婦の愛と勇気と愛しい声と。

Happy 40th Birthday , Mr.Vinogradov🎉 

アレクサンダー・ヴィノグラードフ

12月12日(覚え易い…)は私が長年応援している、アレクサンドル・ヴィノグラードフさんの40歳の誕生日です。
はは(^^;; 彼もとうとう40歳かあ〜

20代後半から12年、彼を見てきているお姉さん(←)としては、それはそれは感慨深いです。

今年は応援している私の方に生活面での変化があったりで、あんまり彼のフォローやファンサイトの更新が出来ずにちょっと申し訳ない気がしているんですが、

一つには、2月のエッセンでのグノーのファウストのメフィストフェレスがあまりにも強烈過ぎて、未だに余韻に浸ってて、

もう他の役は歌わなくてもいい、メフィストだけ聴いていればいいわ…てなくらい、心も魂も持って行かれた感があるのも、その後のフォローがおろそかになった原因かなぁ、なんて思っています。

まあ、私がずっと苦手だと思っていたファウストという作品が大好き💕おまけにメフィストに完璧、魂を売り渡したって思えるようになったことは、彼にとっては嬉しいことだったと思うんですけどね。

でもこんな、一年近く引っ張ることになるとは想定外だったかも😅

(反芻型の牡牛座の女なのでね.…あっさり射手座の彼には理解不能かも(^^;;)

でもね、許して欲しいわ。

メフィストなんて〜!ってずっと言ってたのを(彼が歌い始めてから)7年もかけて好きになったんだから、

もしかしたら、今はあんまり好きじゃないと思っている彼の他の役も、時間をかけて好きになれるかもしれないんだし、ね。

そういうわけで、久しぶりにビデオクリップも作ってみました。

ずっとほったらかしていた、昨年5月の「アイーダ」から、1幕最後の

Mortal, diletto ai Numi, a te fidate from Aida- @St.Louis last year.

の部分…ランフィスとラダメスのデュエット?です。

あのね、バスって独唱でも旋律の意味をきちんと捉えて歌える人ってほんと少なくって…大抵は声に任せてお経のように歌ってるんだか、唱えてるんだかよくわからないよ…ってことが多い気がしているんですけど、

彼が歌うと、少なくとも私の耳には、きちんと意味を持った、イキイキとした素敵な旋律に聞こえるわけ。

このランフィスの旋律なんてのは、まさにそのお手本みたいなものです。

ランフィスはメフィストと並んで彼が大事にしているヴェルディのバスの所役ではまあ、中くらいの役ですけど、目下バレンシアでの「シチリア島の夕べの祈り」のプロチダ(お陰様でロールデビューの手ごたえはバッチリ😉)も歌っていることですし、毎度私の作るビデオクリップもロシアものばかりでは片手落ちですものね。

興味のある方はどうぞ聴いてみて下さいませ。

そしてヴィノグラードフさん、40歳になった今日からも健康に気をつけて、幸せな気持ちで歌って下さいませ。極東のいちファンからのささやかな願いです。

(出先からiPadminiからファンサイトに投稿しようとしたら上手くいかないので😅こっちに投稿しておきます)

ヴァランシエンヌ

通称ヴァラリン。モットーは【チャーミングなオトナのオンナ】

そろそろアラフィフ主婦の日常生活や年に一度?!のおっかけ旅行記がメインですが、最近はお寺や仏像のこと、美術展の感想も書くようにしています。
オットの定年退職を機に、2017年10月に神奈川県から奈良と京都の県境にお引っ越し。新しい生活をスタートさせました。

2018年藤原歌劇団の「ドン・ジョヴァンニ」タイトルロールで来日予定のロシア人バス歌手アレクサンダー・ヴィノグラードフのファンサイトも運営中:) そちらもよろしくお願いします。
詳しくはこちら

Great fan of Russian Bass Singer Alexander Vinogradov & a webmaster of his fansite :)

アレクサンダー・ヴィノグラードフ

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.