180519-25 ルイザ・ミラー@METライブビューイング

【日本語字幕ひとつで、こうも印象が変わるものか】

ご贔屓さん(ヴァルター伯爵を歌ったアレクサンダー・ヴィノグラドフ)のMETカンパニーデビューに加えてLVデビューまで果たしたことで、結局3回映画館に足を運びましたが、印象的だったのは、先ずそのことでした。

この作品、これまでにヴィノグラドフが過去3回歌ったうちの2回がラジオ放送&映像化されており、その時々に、部分的にはいいな・・と思う場面があれども、
作品全体にのめり込むほどには至りませんでした。

そしてその都度、もちろん今回の公演のラジオ放送(3/29の初日、4/9、そして4/14の今回の映像配信と同時に中継されたもの)を聴いた時には、嘗てはCDのリブレット、今はネットで読める対訳にも目を通していたのですが、ヴェルディの初期〜中期のブンチャッチャ作品にありがちな、起承転結が弱いご都合主義の作品だと思っていたのです。

しかし、映画館で、字幕付きで歌手の演技歌唱を観ると(聴くと)
「筋立てが弱いんじゃなくて、むしろいろいろ盛りすぎて訳がわからなくなっているんじゃないか、これは一度原作のシラーの戯曲にも目を通しておくべき?」
とさえ感じました。

なんせ「クスッと」笑うことすら許されない厳しさを持った「徹頭徹尾ザ・悲劇」の典型…流石に「ドン・カルロ」と同じ作者の書いた戯曲であることよ…(目下シラア原作の岩波文庫「たくみと恋」(「たくらみと恋」じゃないのがミソ)を読んでるとこです^^;) “180519-25 ルイザ・ミラー@METライブビューイング” の続きを読む

誕生日とメトのルチア

5月3日は私の誕生日でした。年女でアラフィフと言えば、いくつなのかお察し頂けますね?(笑)

アラフィフのシューカツの厳しさをひしひしと感じながら迎えたお誕生日・・歳をとることは誰しも平等で
嫌だと思ったことはこれまでに一度もないのですが、こと、シューカツが絡むと
「もう少し若い時にコッチに引っ越してきてれば、もう少し選択肢が広がって、楽に仕事が見つかったかもしれないなあ・・・」と思わなくもないです。

ま、シューカツのことは今日は置いといて;
誕生日🎂には親しい友人達からお祝いメールやメッセージを頂いたり、家族でちょっと良いレストランでランチしたりと、テンション高く(笑)楽しく過ごせました。(郵便がGWで止まっていたけど、在独の友人からも素敵なプレゼントが届きました)

もう一つ嬉しかったのは、目下NYのメトロポリタン歌劇場(MET)で活躍中の、私の大好きなアレクサンドル・ヴィノグラードフが出演した「ランメルモールのルチア」が日本時間の5月3日の朝、ライブ放送にかかったこと!
“誕生日とメトのルチア” の続きを読む

追悼 ディミトリー・ホロストフスキー(追記あり)

2018年2月13日追記:アレクサンドル・ヴィノグラードフが昨年12月にスペイン・バレンシアで受けたインタビューの中で、ホロストフスキーさんへの追悼の意を表明しています。

恐れていた悲しみが現実に・・
2年半前だったかしら、ロシアのバリトン、ディミトリー・ホロストフスキー氏が脳腫瘍・・というニュースが流れ、すわ、もしや・・?との、外野の心配を何度も払拭させてきたのですが、
2017年11月22日、亡くなられたとのことです。
ご冥福を心から祈ります。

がんばれホロさん

“追悼 ディミトリー・ホロストフスキー(追記あり)” の続きを読む

オペラマラソン2日目:魔弾の射手(プレミエ)@ライプツィヒオペラ

書けるとこから書いて行きます(そうしないと忘れそう😱)

f:id:valencienne-vino:20170305082124j:image

ドイツのプレミエとは思えないくらいオーソドックスでしたが、この作品はこれで良いのかなと思います。合唱とオーケストラが秀逸でした。さすがゲヴァントハウス。特に合唱はまるで教会音楽のような響きで、これが本来の「魔弾の合唱」なのかと。

マックスもお腹が丸々した人でしたが、高音が綺麗に抜けて、初めてこの作品の実演のマックスで満足出来ました。カスパールは細身ですらっとした人で、声はますまず。熱演だったけど、この人は明日グノーのメフィストも歌うけど大丈夫なのかしらん。そんなわけで主要男声陣には満足できました。

“オペラマラソン2日目:魔弾の射手(プレミエ)@ライプツィヒオペラ” の続きを読む

160311 イェヌーファ@新国立劇場

公演詳細は

2015/2016シーズン新国立劇場オペラ「イェヌーファ」公式サイト | 新国立劇場
2015/2016シーズン新国立劇場オペラ「イェヌーファ」公式サイト。魂を揺さぶる濃密な人間ドラマ。ヤナーチェクの代表作がついに登場。

在米時代の10年ちょっと前に、唐突にチェコのオペラを聴いてみたくなり、
たまたまCDショップにあった「イェヌーファ」のCDを入手、あの冒頭の「カタカタカタカタ・・・」に一気に引きこまれていっときハマった時期があり…チェコで制作された映画版とかも見たりしたこともあるんですが、実演は初めて。日本で観ると字幕の確認ができる…というメリットがありますが、その恩恵をしっかり受けてきました。
(ソフトリストも作ったことがあるのヨ↓)

名詞に性がある言語がいくつもありますけど、もし、オペラを性で分けるとすれば「イェヌーファ」は間違いなく女性性のオペラでしょうね。終始一貫、女性が主導権を握り、男たちは物語を膨らませるためのふくらし粉のような存在でしかないですから。 “160311 イェヌーファ@新国立劇場” の続きを読む