気持ちの晴れない誕生日

今の仕事をしている限り、誕生日は仕事なので(ゴールデンウィークの一丁目一番地だもの^^;)今日も働いてきました。

1月に転倒して骨盤骨折して3ヶ月入院していた母も無事に退院して、ゆっくりですが、自力で歩けるようになっています。
家族は変わらずです。

毎年誕生日にはきゃっきゃうふふしているのですが、今年は全く気持ちの晴れない誕生日となりました。
コロナも未だ燻っているし、戦争でロシア上空🇷🇺を飛べない🛩お陰で、ヨーロッパはますます遠ざかってしまいました。

ロシアのことを思うと気が重いし、でも考えないわけにはいかない…と、3月下旬くらいまでは頑張って、色々ニュースも追っていたけど、
今は疲れてしまって、そのようなニュースからも少し距離をおいています。
あまりにも難しい問題なので、軽々しく言いたくなくて。

音楽の世界でも、ロシア=悪、ウクライナ=悲 みたいな構図が出来上がっていて。
ロシア人とウクライナ人が同じ部隊で共演することは日常茶飯事だけど、カーテンコールなどでウクライナ人アーティストが国旗を纏って出てきて、そこでロシア人とハグとかしてる動画とか見ちゃうともう、なんともいえない、漬物石のような気の重さを感じます。

(元々愛国とか、ナショナリズムとかの思想が苦手なので、坊主憎けりゃ袈裟まで憎い的な、キャンセルカルチャーを含めた何でもかんでもロシア排除の考え方や、日本の憲法改正にまで口出ししてくるウクライナのやり方には違和感感じているのでね)

このことに関する私の考えは一度きちんとまとめてみたいと思っています。
来年の誕生日は、もう少し明るい気分で迎えたいものです🌸

気を紛らわすためにも久しぶりにブログ、書き続けてみようかな。。。

母の骨折

2週間前に私の母(86歳)が事故に遭いました。

ある日の昼下がり、会社に消防署から「●●さんが事故に遭われて▲▲病院に搬送されました」と電話があり、生きた心地がしませんでした
(消防署からの電話だったので最初「火事を起こしたのかしら?!」とヒヤッとしましたが、まさかそんな事故に遭ったとは)

事故というとすわ、車との事故?!と思いがちですが、
買い物からの帰り道、上り坂の歩道をゆっくり歩いていたところ、向こうから無人のベビーカーを押した子供が走ってきて(後ろにはその子の母親と思しき女性と抱っこされた子供がいたらしい)
ベビーカーの手を離したそうです。
“母の骨折” の続きを読む

PCR検査

非常に困った事態が身近で起こりましたが
このご時世、特に体調が悪くもないけど念のため…なんていうPCR検査は近くの病院で…なんて到底無理。

ということで自費で郵送のPCR検査を受けました。

この連休中に郵送の往復⇆含めて5日間で結果が出たんだから通常の保健所経由での検査でも大して変わらないかも。


結果が出るまではほんと気が重かったですが、陰性でよかったです。陽性だったら、この間に接触した方々に、どう説明しようかとあれこれ考えてたので…

2回ワクチンを済ませていても、かかったらウィルス排出量は同じくらいと言われてますし、自分は重症化リスクが低くても、他の人に感染させる恐れは充分ありますし…

ワクチン済ませたから自分さえ良ければ…的な考えではなく、当面はまだまだ、ウィルスとの戦いは続くので、必要なことは(懐が痛まない程度に・笑笑)定期的に調べたいな、と思ってます。

note書いてます

みなさまおひさしぶりです。
こちらを見て下さっている方が、今、どのぐらいいらっしゃるのか見当がつかないんですが^^;
たまには、昔の友達が「見てるよ」と言ってくれているのを思い出し。。。

最近はすっかり、ツイッターばかりで簡便に済ませていたのですが、最近noteという、ブログよりももう少し気軽に書けるツールを使って、ちょこちょこ書いています。

最新版はこちら

モデルナワクチン接種1回目|ヴァランシエンヌ|note
65歳未満で既往症もなく、医療従事者でもない私が早々と打てた理由はこれです。 先に報道発表があり、それまで全く聞いてなかったので寝耳に水。 N市からの正式な通達〜職場での取りまとめの締め切りまで、丸一日ないほど急に決まったので、あれよあれよな感じでした。 観光業での接客とはいえ、もっと先に打つべき人たちがいる中、なんだか申し訳なく。。。(60代前半の夫よりも先に打ってしまった(*_*)) ここにきてワクチン不足が囁かれ、未だ医療従事者やエッセンシャルワーカーの方々の接種も完全に終わってない中で書くのも迷ったのですが、 打ち終わった後の経緯などの記録や報告も、先に打った人間の義務か

よければ、覗いてみて下さいね!!諸般の事情でワクチン1回目を打ったので、その副反応の経緯についてまとめています。