もう10月・・

職場は只今、年に一度の蔵書点検中。普通のお店の棚卸しのようなものですが、
なんせ埃まみれになって、脚立に上って書庫の本を一冊ずつハンドスキャナーでスキャンするという、原始的な作業・・;

一週間ほど前からのどの調子が悪かったところに、ホコリを思い切り吸い込んだ為か?
悪化して、咳がごほごほ。
昨日の昼過ぎにはお喋りするのもしんどいほど。風邪から気管支炎になってしまったかと思って、早退して近くの病院へ寄って行きました。

“もう10月・・”の続きを読む

義母を見送って

夫の母の葬儀も無事終わり、今日から職場復帰しました。

亡くなったのが8月27日、お通夜と葬儀が9月に入ってから・・と少し間が開きましたので、色々心配だったのですが(お寺も葬儀屋さんも混み合っていたそうです・・;)
夫は実母の死ということで、一週間忌引き休暇をもらえますし、
私も職場で調整してもらってお休みをもらい、夫の故郷で過ごしておりました。


2月に脳梗塞で倒れて以来、ずっと寝たきりで入退院を繰り返してましたが、87歳でも内臓の病気はなかったので、なんとなくこのまま長らえるのかな・・と思っていた矢先でした。
6月に叔母(夫の父の妹で義母とは同い年だった)が亡くなった時は、末期がんで余命宣告を受けてましたから、心の準備もできていたのですけど、
今回はそうではなかったので、義兄から涙声で連絡を受けた時には動揺しました。直接の死因は肺血栓とのことですが、いわゆる「危篤」という状態がないままでしたので。

四人兄弟の末っ子の奥さんで、おまけに私自身が一人っ子ということもあり、自分の母と同居している身ですから、ぜんぜん役に立たないヨメでした・・・

田舎独特の、ともすればクドいような^^;愛情に、結婚当初は戸惑いもありましたが(私も若かった・・)
適度な距離が良かったのでしょう。本人が姑問題では苦労した人でしたから、私には本当に優しいお姑さんでした。(同居している私の母のこともいつも気にかけてくれていた)

私たちがアメリカに行っていた時、夫が単身でインドへ行っていた時などは、色々気を揉んでいたことと思います。

寝たきりになってからは、ずっとそばで世話をしていた義姉のことすらわからなくなるときがある、と聞いていた頃に夫とお見舞いに行ったら、夫のことはちゃんとわかってくれたこと。あの時は本当に嬉しかった。

その頃から、目が童子のようにキラキラと、無垢な眼差しになっていたのは、色々なしがらみから解放されつつ、身軽に旅立つ準備をしていたからなのかもしれないなあと思います。

近しい肉親の死ということで今回、初めて納棺式に立ち会うことができました。葬儀屋さんから派遣されて来た若い女性2人組の納棺師の方達が丁寧に死化粧を施し、着物を着せたり、旅支度を整えて下さいました。

身支度は遺族も参加するものだそうで、私も夫と一緒に脚絆(すねあて)をつけるお手伝いをさせて頂きました。
その時、義母の足に手が触れたんですけど、ドン・ジョヴァンニが石像と握手した時に「冷たい!」と驚くところがありますが、まさにあの感じ。
心臓が止まって血が通わなくなり、肌の色が土気色に変わる・・ということは、こういうことなんだ・・・と身を以て実感。
でも、夫や義兄家族、義姉や(もう8割方ぼけてしまっているけど、時々正気に戻っては泣いている)義父と一緒に参加できて良かったと思いました。

親を見送る・・というのは悲しいけれど、静かに眠っているかのような義母の死に顔に、癒されたような気持ちになったのも事実。
そして、ちょっと日にちが空いてからのお通夜や葬儀って、バタバタ感が薄らぎますし、かなり、悲しみも少しずつ心に定着し始めるものなんですね・・

私、17年前の自分の祖母の時は、母を始め、ウチの親戚のおじ等が、ものすっごく慌ただしく事を進めてしまったので、かなりムッとしていたんですが^^;
そういう慌ただしい感がなく、のんびり穏やかだった義母に相応しい事の進め方で良かったな・・と思いました。

さ、旅行記もすっかりさぼってしまいましたし、あの人(笑)のファンサイトのリニュもほぼ完了しましたので、ちょっとずつ通常モードに戻して行きます〜〜
11月には来日もするしね!

福井県立恐竜博物館

台風が近づく中、時に土砂降りに遭いつつ行ってきました。今日は肌寒く、8月とは思えない18℃くらいの気温で、体がおかしくなりそう(*_*)
博物館のホームページに「夏休み中は大変混み合いますので、事前にコンビニエンスストア等でのチケットの事前購入をお薦めします」と書いてあります。
えーそんな、大袈裟な^_^;と思ったのですが、遠くから行くのにチケット買うだけで30分以上待たされたら話にならんと思い、念のために当日の朝、最寄りのサークルKで購入。
…ええ、大正解でした。

我が家が到着したのは11時頃。その時点で博物館に一番近い駐車場は満車でした。
誘導されて第二駐車場に停めましたが、博物館までは階段上ったりしながら徒歩3分くらい?大雨の中、小さなお子さん連れのファミリーにはかなり過酷だと思われました…
そしてチケット売り場には既に長蛇の列。あの雨の中、よく皆さん辛抱なさっているなあと感心してました。多分30分くらいはかかっていたのでは?
チケットを持っていれば右側の扉から入れるようになってますので、
これから行く方、特に夏休み中は極力事前調達しておけば、時間の節約になります。
大手のコンビニのチケット発売端末で簡単に買えますので、是非。
(詳細は博物館のホームページで確認して下さい)
恐竜博物館は15年振りくらいでしたが、大人も楽しめるんです。
今年はスペインから色々珍しいものも来てますし、地下からぐるっと回って見回れる常設展には、動く恐竜の模型もあって、ちょっとしたサファリ気分も味わえますし(^.^)
しかしいかんせん、混みすぎです。レストランも長蛇の列、コーヒー一杯飲むことすらままならない状況ですし、ホントお子さん連れのファミリーはかなり覚悟して行かないとキツいと思いました。
(写真の位置調整は後日行います)

男の一人暮らし

昨日は職場で脳貧血を起こしてしまい、皆さんに多大なご迷惑をおかけして早退させてもらいましたが(>.<)
一足先に夏休みに入ったので、単身赴任中の夫のところにやってきました。
なるべく、ひと月に一度は来て、掃除とおかずのストック作り
(おかず作って小分けパックに入れて冷凍しておく。けっこう何でも冷凍できます)
していますが、
今夜はお友達家族とお食事会だし、明日からはお出かけするので、今回は食事作りはナシ!楽チンだわ(笑)
毎回思うのは、割と綺麗にしているんですけど(自宅の方がよほど散らかってたり^_^;)
どうしても、細かいところのお掃除まではゆきとどかないこと。

浴室や台所の流しなど、見かけは綺麗にしてますが、排水口まではなかなかね‥
なので毎回、そこは必ずチェックしてます。
カップルの方たちも、彼女は一人暮らしのカレのとこに行ったら、そこをチェックしてあげると株が上がるかも(笑)
洗剤をたくさん揃えなくても、クエン酸と重曹を半々位にふりかけて、暫く放置→お湯で流しながらブラシorたわしでこすれば簡単にキレイになりますし。洗剤の匂いが苦手な方はこの方法、お薦めです。
*********************
もう一つ、洗濯物は洗う→干す、まではできても、
畳んでしまう…がけっこう面倒なようで、タンスの上にどんどん積まれてミルフィーユ状態になりがち…

それならいっそのこと、ハンガーにかけたまま収納してはどう?と思いつきました。

このドイツ製のハンガー、試しに三本千円で買ってみたら、細くても滑らないし

(今回持ってきた私の肩紐の細いシルクのワンピースも滑らない!)

これなら洗濯物をそのまま干しても大丈夫かも。住環境の関係で、お外に干すことが出来ないのでハンガーも痛まないでしょうし。
で、検索したらちゃんと通販で買えるところがあるじゃん!ということでφ(..)メモメモ
今度まとめ買いしよう(笑)

http://www.rakuten.ne.jp/gold/tamatoshi/mawalineup.html
それに、こんな風に収納できたら省スペースにも繋がるし、自宅のクローゼット問題にも役に立ちそう。こんな感じで纏めてもらうとわかりやすいです。
http://blog.livedoor.jp/qona/archives/5354646.html
(スマホのアプリからだと写真の位置だの大きさだのが調整出来ないので、ちょっと見苦しいですけど、自宅に戻ったら調整します~)
クエン酸&重曹
ドイツ製ハンガー。滑らない!細い!

あつい〜〜

連日の猛暑でパンも作る気力が失せていたのですけど、休みの日ぐらいはちゃんと焼かねば。

ねじねじが面倒で、細く伸ばした生地をただねじって、二つ並べて天板にのせただけですが
巧い具合にくっついてくれました^^;

強力粉500gのところ、100gはおからを90g、ライ麦を10gで置き換えてみました。おからを混ぜると生地がべとつかないのもいい感じ。もちろん、すこぉしカロリーオフもできますし(^^)

今日はネイルにも行きました。夏休みも近いし、金運アップも見込んで(笑)ゴールドのラメのグラデーション。

ネイルは好きだけど、職業柄あまり派手にはできないね・・と言いつつ、いつも行くと華やかな感じに仕上げてもらっています。でも秋になったらヌードカラーのフレンチなんてのも、シックでいいかもしれないわ。

最近は海外遠征に行くときはいつもしているけど、さて11月には、どんな感じにしてもらおうかな〜〜

先日知り合いが、好きな舞台俳優の入り待ちをした時に
ちょっと話した後で、彼が行ってしまった後「言い忘れていたことを思い出して」走って追いかけて再び呼び止めてから

「あの、○○さん。今日も大好きです」

って言ったって話を聞いた。

…そうか。
そーいう手もあるわねえ・・・私も11月にやってみるか^^;;;;;

***************

5月末の旅行記は鋭意執筆中♪ もう2ヶ月以上過ぎてしまったけど、ゆーっくり、書いてます。次回はベルリンからマドリード、そしてバリャトリードまで移動・・の予定です。

ヴィノグラードフのファンサイトもちょっとお色直し中・・それが済んだら、公演記録を(今度こそ^^;;;; ←何度目?)きっちり作るの。

★Twitterのスピードが早過ぎて疲れを感じるようになったので、徐々にブログ中心のネット活動にシフトするつもり。
・・・って、これまでもそうしておかないと・・・と思っていたんですけど、先日10周年記事で振り返りをした時、ツイートを始めた2012年以降の記憶、というか記録が引き出せなかったのですよね・・;

確かに記憶に残るようなイベントも少なかったんですけど、あんがい自分のことって日付ベースで覚えているものでして、
古い記憶は初代のブログの記事を読みながら引っ張りだせたのに、最近のものはそれが出来なくて。

ちょうどFBに入れ込んでいた時期とも重なるせいもあるのですが、やはり小出しに垂れ流しているだけでは、記憶の引き出しにも影響があるものなんだ・・と実感しました。

・・ということで、今後Twitterは更新情報の告知や、人様のつぶやきに返信する・・って感じの使い方を基本にしようかと。
3つつぶやく時間があればブログ書いた方がいいよ!ってどっかで読んだことがありましたけど、ほんとそうです。
後の日の為にも。

人嫌い

元々全然社交的ではないので、時々人とお喋りするのが至極苦痛になる。

ネットでもその傾向があって、わいわい盛り上がっているところに自分が入って行くと水を差すようなことになるんじゃないかな?とか思うと、上手に入って行くことができない。

最近はそういうことがあまりなくなってきたと思っていたけど、ここのところ、またそういう病気が出ているようです・・・

こういう時には見ない、聞かない、言わない・・がお利口なのでしょう。

普段のときならいいけど、これが11月の彼の来日の時に当たってしまうと、4年前のようなことになっちゃうんだろうなーー;

それが一番怖い。

それにしても、ドンジョの演奏に様式美を求めるのは、もはや不可能なんだろうか…魅力のない声に過度に誇張された表現、歌はズルズルで崩しまくり。

これが現代のトレンドなんだろうか。だとすれば、もう時間とお金をかけてわざわざ飛行機に乗って聴きに行く価値も見いだせない…と思うのは、私の頭が固いせいだろうか?