ワクワク、ドキドキ、ときめいたと思えば悩んだり。ココロは万年乙女・奈良/京都の県境からアラフィフ主婦の愛と勇気と愛しい声と。

がらんとした部屋で

引越2017

今日は一日梱包デイでした。総勢9名のスタッフさん達が入れ替わり立ち代り、ちゃっちゃと仕事して下さいました。
特に大物の梱包は、デキるヒトはお一人でささーっとやっちゃったりで、見てて「へ〜」と感心することしきり。ダンボール箱を崩してモノの大きさに合わせてカッターでカットして蓋にしたりとか…自分で何か梱包する時に参考にしたいです。

荷物が殆ど無くなった部屋は、音が反響します。先週新居へ掃除に行った時も音が反響してたので、古い鉄筋コンクリートの建物だからかと思ってたんですが、そうではなくて物が音を吸収しているのですね。

今の家に来てから初めて家庭用のシュレッダーを買ったので、今回の引越ではもう、嫌というほどシュレッダーしまくりました(^^;
オットの仕事の書類、退職した今では、それを処分するチャンスなので…とか、今までなんとなくとっておいた個人情報の入っている書類とか、ガシガシ入れまくり…
時にはチンチンに熱くなってオートオフしたり(^^; 熱を出しながらも大活躍のシュレッダーでした。あれがなかったら、捨て作業の半分も進まなかったことでしょう。梱包されて、今ごろはトラックの中で暫しの休息中でホッとしてるかもw

引越は生活の見直し、持ち物の見直しのいい機会ですが、その時に一気にやるとしんどいので、これからは時期を決めて一年に一度はまとまった捨て作業、したいです。
今の面積の3分の2のスペースになりますから、必然的にモノも減らしていかないと。。。
というか、あの荷物、本当に新居に入り切るのかどうかが心配になって来ましたw

明日の午前中でこちらの作業を終えて、午後から今の家の立会い作業(退去費用、いくらかかるのか…これまた心配(^^;;;)

明日の夜は、がらんとした新居からの報告となります。

ヴァランシエンヌ

通称ヴァラリン。モットーは【チャーミングなオトナのオンナ】 そろそろアラフィフ主婦の日常生活や年に一度?!のおっかけ旅行記がメインですが、最近はお寺や仏像のこと、美術展の感想も書くようにしています。 オットの定年退職を機に、2017年10月に神奈川県から奈良と京都の県境にお引っ越し。新しい生活をスタートさせました。 2018年藤原歌劇団の「ドン・ジョヴァンニ」タイトルロールで来日予定のロシア人バス歌手アレクサンダー・ヴィノグラードフのファンサイトも運営中:) そちらもよろしくお願いします。 詳しくはこちら Great fan of Russian Bass Singer Alexander Vinogradov & a webmaster of his fansite :)

引越2017

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.