年の瀬2020

あと数時間でこの激動の一年がようやく終わろうとしています。

ようやく自分の好きな分野で、人様に貢献できる仕事に就けたと思った矢先、突如として外国人のお客様が強制的に来られなくなるという状況。

急激に暇になったと思えば、感染が収まりきれないまま、宿泊業を救済するという名目のもと、Gotoキャンペーン、更には最大7割引となる奈良県民割が始まり、今度は怒涛の忙しさで目が回りそうになり、
そしてまた急遽Gotoの一時停止という措置により、昨年よりかはうんと静かな年末で終わろうとしています。

旅館に勤めて外国人の接客をすることにより、小さくても異文化の架け橋のようなお手伝いができている気がしていました。
決して綺麗な英語ではないけれども、職場でも評価を頂き、外国人のお客様からもとても喜んで頂けたし、お給料を頂きながら英語の勉強もさせて頂いているという気持ちで、大変だけどやりがいを感じていた去年の今頃。

それは、私が今の旅館に勤める限りは疑いもなくずっと続くものだと思っていました。

でもこんなことになってしまい、今度はGotoに関する煩雑な事務処理を引き受け
「安くなっているから」と押し寄せるマナーの悪い日本人のお客様を相手にしていると
「なんの為にここで働いているんだろう・・」と自問自答、やさぐれた気分になったことも数知れず・・

ストレスと更年期が重なり、夜のお酒とおつまみの量が増えて体重もどんどん増え、動きも億劫になり、心も身体も重くなり・・
肩こりやめまいにも悩まされました。

運動不足の為に頭や精神vs身体の疲れ方のバランスが悪いのかもと思い、2週間ほど前から夕食後に夫とウォーキング、自宅でできるストレッチや(時々)筋トレをはじめました。

なかなかダイエットまではいかなくても、心はかなり快調になった気がします。仕事でちょっとイラッとしても、夜に歩けばスッキリするサイクルが少しずつ出来てきたような。

逆に、コロナ禍の制限が自分にとって、功を奏したこともあります。
ひとつは、この状況下では(よほど特殊な権限を持っている人でない限りは)ほぼ全ての、海外遠征Loverの人たちが渡航できずにいるということ。

世間的に見れば海外遠征に頻繁に行っているほうかもしれませんが、家族もいますし、せいぜい一年に一度が関の山。
ネットのお仲間の中には数ヶ月に一度のスパンで行く方も多く、自分の甲斐性のなさが原因とはいえ、遠征の話題が飛び交うタイムラインは、時として辛いこともあり、それで色々疲弊していた時期も長かったので、
その点においてコロナ禍は「平等」でもあるかなあと。

今まさに感染の第三波真っ只中で、このままだと多分、来年の今頃〜再来年の春ごろまではなんとなく、こういう状態が続くかも、とも言われ始めています。

仮に、来年の夏頃から渡航が可能になったとしても、私の仕事のスケジュール的には冬場の閑散期にしか動けません。

それならあと一年、ないものねだりで嘆いているよりも、地力をつける努力をしてみようかな・・という気分に振れてきています。

ちょっと前向きになったというか。

何れにせよ、去年よりも減ったとはいえ、厳しいギョーカイに身を置いている中でもお給料もちゃんと頂けて、お仕事できているのはありがたいことです。

愚痴の多かった1年でしたが、お付き合いくださりありがとうございました。
来たる新年が皆様にとって、私にとってより良い年となりますよう、願ってやみません。

今年はなかなかブログと、ヴィノグラドフ(←コロナ禍でも頑張ってお仕事してますよ!!)のファンサイトの更新まで手が回りませんでしたが
今年書ききれなかったけど、まとめておきたいこともいくつかあるので
来年はもう少し頻繁に更新したいです^^;(これは毎年年の瀬に言っているような・・)

こちらもよろしくね

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.