ワクワク、ドキドキ、ときめいたと思えば悩んだり。ココロは万年乙女・奈良/京都の県境からアラフィフ主婦の愛と勇気と愛しい声と。

なにがなんだか(藤原歌劇団のドン・ジョヴァンニで来日します)

引越2017, アレクサンダー・ヴィノグラードフ ,

新居3日目。今日は住民登録と運転免許の住所書き換えして来ました。これで私も正真正銘、京都府民です(笑)

新居の収納スペースが、無駄に奥行きがあったり、棚と棚の間がやけに高かったりで、補助のためのつっぱり棒とか、つっぱり棚を駆使すれば上手く収まりそうと、荷解き作業や事務手続きの合間にホームセンターに足を運んで、物色中です。

新婚当初のアパート生活時代も、そういうもの、たくさん使ったなーと、懐かしい気持ちになると同時に、当時よりも便利グッズは増えてるし、色々試してみたくなります。エセDIY主婦ダマシイも刺激されて、そういう意味では住居に制限がある方が、工夫のしどころだという使命感めいた気持ちが背中を押してくれて、却って楽しいような気がします。

ま、憧れの場所住みが叶ったことで、ただ単にテンションが上がってるだけかもしれないですけど。でも、ムリクリにこの地に連れて来られた私の母もやたら楽しそうにしてるので、引越しって確かに面倒だし大変だけど、生活がマンネリ化してる時にはすっごい刺激になるなあと実感してます。
現に、今こうして私がほぼ毎日ブログ更新してるのも、生活がガラッと変わって、刺激を受けたから。急にブログの神様が降りて来た感ありまくりですw

そんなこんなで忙しい日々を送っている私に、追い討ちをかけるようなビッグニュースが。
まず、ファンサイト(iMacまだ梱包したままで、ファンサイトの更新が出来ないでいるんですが😓)にもロクに記述してないのですが、ハンブルクでのシモンの合間に10/20-22まで、マドリードでラフマニノフの「鐘」ですけど、、20日の公演が22日に放送されます。

Radio Clásica – RTVE.es/radio

日本時間は22日18:30-21:00。詳細はネトラジさんのウィキをご参照下さい。

2017-10-22 – PukiWiki

そーしーてー。
人が関西に引越した途端、嫌がらせのようにw来日します!
来年6月30日、7月3日@日生劇場、7月7日@横須賀芸術劇場にて、藤原歌劇団のドン・ジョヴァンニでアレクサンダー・ヴィノグラードフがタイトルロールを務めます。いやっほーい❗️❤️❗️

藤原歌劇団公演「ドン・ジョヴァンニ」 – 2018年6月30日・7月1日・3日・7日 | JOF 公益財団法人日本オペラ振興会

ドン・ジョヴァンニのタイトルロールは、デビューになります。これはヴィノグラードフがデビュー当時から「夢のような役」と言ってて、数年前に「いつ歌うのよ⁉️」と尋ねた時には「まだわからない、オファーがあれば…」と言ってたんですが、まさか日本でお披露目してくれるとは。
正直言って、2年前にフィリッポデビューした時には、もうドンジョの線はないかもしれないなあとも思ってたんですが、私の方こそ「夢を見ているの…?」で、なにがなんだかよくわからん状態です。。。

藤原ならもしかして、びわ湖や兵庫、名古屋での公演があるかも…と期待してたんですが、残念ながらそれはなし。
でも全公演マチネですし、新居からそれぞれの劇場までの時間を計測したら日生は3時間半、横須賀は4時間なので、それなら楽勝で奈良から日帰りしますわ!(今までも2時間くらいかかってたもん)

その時期には私もこちらで新しい仕事してる予定ですが、面接で「この3日間は、のっぴきならない用事があるので休みます」と主張してでも、尚且つ採用してくれる職場を選びたいですw

奈良(近郊)に住むことを決めた時に、今後は余程のことがない限りは上京しない…と自分の中で決めていたんですが、その「余程のこと=彼の来日」を意味してました。まさか、こんなに早く余程のことがやって来るとは。。。

彼以外のキャストは全て日本人というのも興味深いです。バランス的に上手く収まってくれるといいんですが。

落ち着いたら、ファンサイトにもきちんと記述します。それにしても、私の人生の中でも、相当のレベルで忙しい時期に、よくもこんだけ情報てんこ盛りにしてくれたわね…ニコニコ(⌒ー⌒ )。。oO(“o( ∇ |||)プルプル)

ヴァランシエンヌ

通称ヴァラリン。モットーは【チャーミングなオトナのオンナ】 そろそろアラフィフ主婦の日常生活や年に一度?!のおっかけ旅行記がメインですが、最近はお寺や仏像のこと、美術展の感想も書くようにしています。 オットの定年退職を機に、2017年10月に神奈川県から奈良と京都の県境にお引っ越し。新しい生活をスタートさせました。 2018年藤原歌劇団の「ドン・ジョヴァンニ」タイトルロールで来日予定のロシア人バス歌手アレクサンダー・ヴィノグラードフのファンサイトも運営中:) そちらもよろしくお願いします。 詳しくはこちら Great fan of Russian Bass Singer Alexander Vinogradov & a webmaster of his fansite :)

引越2017, アレクサンダー・ヴィノグラードフ

コメント

  1. anemone より:

    まずは来日が決まって良かったですね!
    私も伺いたいと思います。
    〉人が関西に引越した途端、嫌がらせのようにw来日します!
    お気持よーくわかります!私の言葉かと思っちゃった(笑)

    • Anemoneさん

      ははは^^; 6月に来るらしいという情報を小耳に挟んでたんですが、6月って既にマルセイユでの「エルナーニ」の予定が入ってるので
      来年の6月と勘違いしてるんじゃないの?と思ってたら、6月30日からですって(笑)でも2週間くらいで仕上げちゃうのね。

      6月、7月だと、梅雨時のジメジメで湿気が凄いのが心配です(寒い国の人なので、あんな酷い湿気に耐えられるのかしら。。。とかw)

      >> 人が関西に引越した途端、嫌がらせのようにw来日します!
      > お気持よーくわかります!私の言葉かと思っちゃった(笑)

      あはは、そういえばそうでしたねw
      藤原と聞いた時には、びわ湖か兵庫の可能性もあるかな・・とちょっと期待しちゃったんですが、まさか全部マチネになるとは思ってませんでした。
      新居から両劇場まで計測したら4時間くらいで行けそうなので、日帰りなんてちょろいもんですw(新しい仕事先次第ですが。。。)

  2. anemone より:

    >6月、7月だと、梅雨時のジメジメで湿気が凄いのが心配です(寒い国の人なので、あんな酷い湿気に耐えられるのかしら。。。とかw)

    確かに、梅雨の真っ只中です。お天気って体調管理にも大きく影響するし、事前にあらかじめ情報お伝えできたらいいですね。
    そうです。藤原はびわ湖でも公演やりますから、関東だけだったのは残念でした。
    お顔立ちからはワル役イメージはないですけど、存在感のある声をお持ちですし、どんなドンジョを演じられるのか楽しみです!
    やっぱりタイトルロールっていいものですよね!

    • Anemoneさん

      そーなんですよ。今までの来日は秋メインだったので、6月と聞いた時に「大丈夫?!」と最初に思いました^^;

      >ワル役

      む・・フフフフフ・・(←キモっ)
      やー、メフィストで私は同じことを思っていたんですが、すっかりヤラれてしまったので(//∇//(//∇//(//∇//) テレテレ

      >やっぱりタイトルロールっていいものですよね!

      はい(笑)7年前のフィガロの時は、なんとなく役にハマりきれてないもどかしさもあって、不完全燃焼だったんですが、
      今の彼なら、そういうことはないと固く信じてます。

  3. anemone より:

    同じワルでも、ドンジョはそこにエロ?要素も加わるので、なおさら楽しみです。
    ご本人が楽しんで演じられるものになるといいですね!

    • Anemoneさん:

      でへへへへ(←ますますあやしい) エロ要素って、ただ単に肌見せセクスィー路線で通せばいいってもんでもないですしねえ。欧州の前衛演出よりかは日本の公演だとオーソドックス寄りでしょうから、その辺でも案外やり易いのでは?とも思ってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.