生活にリズム感をつけるために

今月は毎日ブログを更新してみようと張り切っていたんですが、2日連続でジムに行ったら
もう頭クラクラ〜〜ーー;
もっと早い時間に更新しておけばよかった。反省・・
“生活にリズム感をつけるために”の続きを読む

160925 ファウストの劫罰@ミューザ川崎

日本のクラシック音楽界的には、今年はゲーテの「ファウスト」を題材とした作品の当たり年だそうですが(3月のボーイトの「メフィストフェーレ」のプロローグ+今月は東京で2つの団体が「劫罰」をかけたのですから、確かに意義のあることだと思います)

私自身も、今年2月のドイツ・エッセンでの実演体験を経て、長年苦手としてたグノーの「ファウスト」の面白さにやっと目覚めたこと+私のご贔屓さんも7月にモスクワで「劫罰」のメフィストデビューを果たしたことで(9月末&10月頭の再演にも出るよw)

「よぉーし!グノーたんも克服できたんだから(彼様の為にも)この際ベルリオーズも克服してやるわ!」

と意気込み、一度も通して聴いたことがない状態でチケットを買った・・んですが・・・
“160925 ファウストの劫罰@ミューザ川崎”の続きを読む

160922 マリインスキー・オペラ来日記念講演会

ツイッターで仲良くして頂いているフォロワーさんに教えてもらって、ダメ元で応募したらフォロワーさん(と我が夫)3者とも当選・・・で、私は若手の後輩ちゃんに出勤を交代してもらって聴いてまいりました。
これ↓です。


“160922 マリインスキー・オペラ来日記念講演会”の続きを読む

フィリップ・ジョルダン著 100語でたのしむオペラ 

100wordOpera原題はLes 100 mots de l’opéra,オペラの「裏側」を含めた100のお題についての記述。

1つのお題でだいたい1ページ〜1ページ半、長くても2ページを超えるものはないので、空き時間に気軽に読めるし、何しろ飽きが来ないのが良いです。

「たのしむ」のという題名から、いわゆるオペラの手引書、入門書というイメージを抱きがちですが、そうではないです。作品に関する解説(というか、著者自身の解釈)もないわけではないけど、それもあくまでも一つの「お題」として書かれています。

オペラの裏側ー裏方のお仕事や、もちろん著者自身の仕事である指揮者についても色々と。

オペラにはたくさんの人々が関わり、その人々のエネルギーが集まって一つの上演が生まれるわけで。そこにはもちろん、観客も大いなる力として加わっているんですよね。 “フィリップ・ジョルダン著 100語でたのしむオペラ ”の続きを読む

せっかくブログを書く日を決めたのに

暑い日が続いてますね。。。ネタはいくつかあれども、なかなかブログの更新ができないので、日を決めて更新しようと思った初日が今日なんですが(笑)
こういう日に限って気分が乗らない・・

ということも、記録になるかな。

明日から3連勤(月末に休みを取ることにしたので、お盆はがっつり出勤するの)だし、そろそろPC閉じます〜(^^/

近況 2016年7月

気がついたら2ヶ月もほったらかしてました・・💧
(一応あっちはちょこちょこいじってたんですが)

この2ヶ月間、何もしていなかった、何もなかった・・のかというと、決してそうではなく;

1)夫が退職し、サラリーマンの妻ではなくなった
2)夫が家の階段から落っこちて、顎を6針縫う怪我をした
3)骨肉腫で7年間闘病していた叔父(私の母の弟)が亡くなった

とか、色々ありましてね・・ “近況 2016年7月”の続きを読む

My heart is going to break off…

ドイツ旅行から戻って来た後頃から、色々と身の回りのことを考えなければいけないことが起こりまして。

身体は元気(だと思う)なんですが、どうも精神的にはすっきりしませんの。

長い目で考えたら決して悪いことではないのですが、悩むな・・

色々考えていたら疲れてしまいました。こういう時にこそ、彼様の歌に浸ってしまえばいいじゃん〜〜と言われそうですが、
今それをやると、号泣しそう。。。
そんなわけで、なかなか旅行記も進まないですが(楽しかった時のことを思い出すのも、今はちょっとしんどい)
すみません。手書きのノートはあと少しなんですけどね・・
IMG_3139

ツイッターにグチグチ書くのも精神的にも、見た目的にもよろしくないので^^;
辛い時はこっちに書きます。

(ま、もっとキツイことは誰にも見せないノートに書きますけどね)