150929 ドン・カルロ@コロン劇場(テアトロ・コロン)映像配信編

【配信どーだった?接続状況などは?】

9月29日(日本時間では9月30日午前8時から)
アルゼンチンのブエノス・アイレス、コロン劇場から「ドン・カルロ」のライブストリーミング,無事に終了しました。
“150929 ドン・カルロ@コロン劇場(テアトロ・コロン)映像配信編”の続きを読む

ドン・カルロ ー 俯瞰するオペラ(映像配信のご案内@コロン劇場)

本題の前に。
6月末に脳腫瘍罹患を発表し、療養宣言をしたディミトリー・ホロストフスキー氏ですが、
9月25日のMetでのトロヴァトーレで、見事に舞台復帰を果たしたとのことです。おめでとうございます!
詳細はもっちろん、娑羅さんのところで。インタビューも必読です!
(明日30日朝8:25〜ラジオ放送あります。コロン劇場の「ドン・カルロ」映像配信と思いっきり被ってますが^^;)

*****************

さて本題。
目下、日本から最も遠い(かもしれない)オペラハウス、アルゼンチンはブエノスアイレス、テアトロ・コロン(コロン劇場)にて「ドン・カルロ」が上演されております。

フィリッポ2世を(初めて)歌って(おかげさまで)好評を博している我がごヒイキさん、アレクサンドル・ヴィノグラードフのロールデビューが気になって気になって、ブエノスアイレスまで行こうかと画策していたけども、諸事情で取りやめ → やさぐれていたところに、音声と映像の両方の配信があるとのことで、俄然元気の出た私。(すみませんね、その程度の女です^^;)

ええ、この宣伝の為にツイッターにも復帰したんですが、
おかげさまでたくさんの方に関心を持ってもらえて、先だって放送された9月23日上演の時にはたくさんの方から祝辞?を頂きました。本当にありがとうございます。

実は私も、ヴィノグラードフがあんなに素晴らしいフィリッポを歌うとは予想しておらず(←ファンの言い草かねw)
いい意味で期待を裏切られ,
しかたないので惚れ直しました・・(///▽///

日本時間の明日(30日・午前8時〜)はコロン劇場からの映像配信があります。コロン劇場では最近になって映像配信を始めたとのことで、
・どのぐらいの安定度なのか?
・日本からアクセスブロックがかからないかしら・・とか、
いろいろ心配もありますけど、見られるかも・・と思うこと&たくさんの方に関心を持ってもらえて、幸せ&嬉しい限りです。ありがとうございます。

映像放送に先立って、音だけのファースト・インプレッションをどうしても残しておきたくて、クドクド書きます(笑)
“ドン・カルロ ー 俯瞰するオペラ(映像配信のご案内@コロン劇場)”の続きを読む

Audio Hijack 3の使い方(簡単に)とコロン劇場ライブ中継のご案内

9月24日朝8時(放送は7時半〜)、ブエノスアイレス・Nationalclasisa.comにて「ドン・カルロ」のラジオ中継があります。

先日コメント欄で教えて頂いたMac向けの録音ソフト・Audio Hijack 3の使い方を簡単にまとめておきます。

「Audio Hijack 3 がボリュームを増す」と上のYTの動画を見ると、だいたいわかるかな〜と思いますが、ビギナー向けに補足しておきますね。(自分の覚書として)
(画像はクリックで拡大します)
“Audio Hijack 3の使い方(簡単に)とコロン劇場ライブ中継のご案内”の続きを読む

ニュース2種

ずっと煩ってるわけではないんですけど(ホントは今日は、違うことを書こうと思ってたのヨ^^;)
久しぶりにニュースが見つかったので、あっちに2本アップしました。

・昨年11月にNHKホールで上演された、ベジャール第九のDVDとブルーレイが発売されるようです! こちらをご参照ください。

ヴィノグラードフのオフィシャルフォトがリニューアル! ファンサイトでは、ついでに過去のオフィシャルフォトも並べてみました(笑)

“ニュース2種”の続きを読む

150706 ウィリアム・テル(ギヨーム・テル)@英国ロイヤルオペラ・ライブシネマ(7月15日1:50−音だけ放送あり)

7月14日の公演は、BBC-Radio3での音だけ放送もあります。(日本時間7月15日午前1時50分〜)
後ほどアーカイブでも聴けると思います

Radio-Broadcast on July 14 17:50-(GMT)
(JST:July 15 1:50-)

*************************

(せっかく読み応えのあるコメントを頂いたので、この記事を編集&追記という形で感想をアップしますね)

結局横浜で観て、そのままお泊まりしました。
(終演は10時近かったので、そこから帰ると日付超えそうだったし、夜遅くの電車に乗り馴れていないので、安全のことも鑑みて)
チケットを買ったときは16番目だったんですが、もう少し埋まってて、30人くらいはいたかな・・と思います。一列に2、3人は座っていたかんじ。

全体的な印象を一言で表すと「悪趣味」に尽きます・・・

例の問題の場面は、2度目の上演から変更されたそうで、確かに映像で見るに耐える程度にソフトにはなってましたが、そこに至るまでに、延々と女性に嫌がらせをするだけでも充分に不愉快。
女性として、激しく嫌悪感を抱きました。

同じように嫌だったのは、コメント欄で斑猫さんが言及して下さった【子供の扱い方】
特に1幕のメルクタールの処刑の場面は、悪ふざけの度が過ぎると感じました。あれこそ児童虐待とかで問題にならなかったのか・・とも思いました。
それ以降の場面でもやたらと子供に銃を持たせたり、ピストルや自動小銃も必要以上に使い過ぎ。残虐さを小物とエキセントリックな行動に頼ることでしか表現できない稚拙さも感じます。

暴君やその腰巾着のような手下に対する憎悪や嫌悪感を観客に植え付けさせるのが目的だとすれば、私はまんまとその術中にはまったと言えるでしょう。もっと目を背けたくなるような残虐行為が世界のあちこちで行われていることも、一般常識として理解しているつもりです。

けど。
風刺のお芝居や演劇ならともかく、オペラにおいて(それが元々描かれてるとは言い難い作品において)そういうことを再現して見せて何の利益があるの?観客に嫌な気持ちを残させて帰宅させることが目的?
“150706 ウィリアム・テル(ギヨーム・テル)@英国ロイヤルオペラ・ライブシネマ(7月15日1:50−音だけ放送あり)”の続きを読む

ウィリアム・テル(ギョーム・テル)@ロイヤルオペラ ライブシネマ

★この数日中にメール下さった方々、ありがとうございます!お返事少しお待ち下さいね

詳細データはこちらをご参照下さい。

★色々と物議を醸している演出&上映場所に限りがありますが、興味のある方、都合のつく方は是非映画館へ足を運んでみて下さいね:)))
宜しくお願いします。
2幕後半とフィナーレに少し出てくる、ヴァルテル役でアレクサンドル・ヴィノグラードフが出演してます。

7月6日 17:00〜 全国13カ所の映画館で上演
(7月5日現地時間15:00〜の上演を明日上映します)

ウィリアム・テル(ヴァルテル)@ロイヤルオペラ
Live Cinema:July 5 15:00(GMT)-
Live from BBC-Radio3 : July 14 17:00(GMT)-

“ウィリアム・テル(ギョーム・テル)@ロイヤルオペラ ライブシネマ”の続きを読む

そして私は必死で予習中・・^^;

ロイヤルオペラの【ウィリアム・テル】
今日は2回目の公演だけど、どうなることやら。。。

まあ、件のことについては、たぶんイギリスだからこんなに大騒ぎになってしまったんじゃないかな、と思います。
冷静になって考えてみると、自分が11年前に体験したベルリン国立歌劇場での出来事など、ドイツでは既に10年以上前からこーいうことはあったわけで。
ほんの数分の場面のことで煽るようなレビュアーも、なんとなく大げさに感じられてきました

とにかく見てみないと、これ以上のことは言えません…ということで、ライブシネマを心待ちにしている今日この頃。。。(なんて単純なのわたしったら・・数日前まで「どうもテンションが上がんないわ」と悩んでいたのにw) “そして私は必死で予習中・・^^;”の続きを読む