1502 フランス・ナンシー旅日記 その3(美術館)

ナンシー滞在中、3つの美術館に行きました。

・ナンシー美術館(Musee des beaux-arts:2015年2月13日訪問)
スタニスラス広場に面した美術館。絵画のほか、地階にアール・ヌーボーのドーム兄弟のコレクションがあります。
この美術館に来た時に窓口で
「10Eurでナンシーの3つの美術館+植物園+水族館+歴史博物館の合計6つの施設を見られる10日間有効のパスポートがあるけど如何?」
と教えてもらい、それを購入しました。


1つの美術館のチケットが6Eurくらいしますから、全部行けなくても2つ行けばモトは取れます。
私は1日1つの美術館が限界だったので、3日間で3つ行きましたけど、買ってよかったです。

アール・ヌーボーは、写真や図鑑で見ていてもピンとこなかったんですが、現物を見ると色合いや空間になじむ「さま」がよくわかります。そういうものなのだなあ・・と。
絵画も充実していて、いくつか心に残る絵もありました。ああ、メモちゃんと取っておけばよかったな・・

ゆっくり見て回って2時間ぐらい。なんといっても空いている美術館っていいわあ〜〜気持ちがゆったりします。
Tripadvisorでも「期待してなかったけど、行ってよかった」的なレビューが多いのも、うなずけます。

*******************

・ナンシー派美術館(Musee de l’Ecole de Nancy:2015年2月14日訪問)
地球の歩き方には、やれバスに乗ってどうのこうの・・とか書いてありますが、スタニスラス広場から歩いて40分くらい、ゆっくりお散歩する感じでちょうどいいくらいの距離です。歩数にして片道3500歩くらいだったかなあ。
ナンシーに数日滞在して、町のつくりがぼんやり理解できつつある・・という時に歩くとちょうど良いと思います。
l’Ecole de Nancy → みたいな感じの標識があっちこっちにありますから、地図を片手に行けばよっぽど大丈夫でしょう。

スタニスラス広場からだと、ナンシー駅の前を通過したあたりで、ちょーっとだけビミョーな雰囲気のところがありましたけど(おうちのない人がチラホラと・・って程度)
大都市に比べたら・・ね。あのくらいの規模の街ってほんと気が楽です。

多分、ナンシーを訪れる日本人のほとんどがこの美術館には足を運んでいることでしょう。(入り口に日本語で「足元注意」って書いてあるしw)
Tripadvisorにもたくさん日本人のレビュアーさん達が投稿なさっています)

もー、まるごとエミール・ガレの世界です。
ナンシー美術館のドームコレクションは、ガラスケースに収まった作品を眺めたわけですが、こちらは階段の手すりからして「作品」ですからね〜〜

繰り返しになりますが、ガレはやっぱり、平面の写真で見ていてもわからないです。現物を見て初めて良さがわかると思いますので、興味のない方も是非訪れてみて下さいませ。
お庭も歩けます。
そういえば今年はサントリー美術館でガレのコレクション、やるのよね!楽しみです💕

******************

・ロレーヌ美術館(Musee lorrain:2015年2月15日訪問)
TripadvisorだとMusee Historique Lorrainとなってますが、内容からしてもこの美術館のことです)

ジョルジュ・ド・ラトゥールの絵画だけが「売り」みたいな感じで紹介されていることが多いんですけど、版画家ジャック・カロの作品もたくさんあります。
(版画見ている時に学芸員のおじさんが丁寧に英語で解説して下さったんですが、あまりにもつきっきりな感じで^^; 最後の方は「わーん、一人でゆっくり見させて〜〜!」と思いました^^;親切だったんですけどねえ)

この美術館に行った日は、オペラが午後3時からのマチネだったので、観光は午前中で切り上げなくてはならず、ぜんぜん時間が足りない・・と思いました。
美術館からの帰り道、ペピニエール公園の中を通ってホテルに戻ったんですが、この公園も綺麗だったなあ。冬枯れのヨーロッパの公園って、緑の多い季節とはまた違う趣があって、天気のいい日だと気温がちょっと低くても、気分がキリッとしますし、大好き。

******************

ナンシー、2日もいれば退屈する・・1日で充分、とかいうのも見かけましたけど、4日滞在しててもぜんっぜん、見切れませんでしたし、もっともっとゆっくりしたかったなあ・・と、1年近く経って思い出しつつ(メモ代わりに旦那さんに送ったメールを読み返しつつ)ちょっとうるっとしております😢

さー、あとまとめておかなくちゃいけないのは、レストランとホテルとオペラと・・そして、この旅行中にどどーんと買い物した「とあるもの」について・・かな。

なんとか、今月中(って今日もう28日だよ^^;)に書き終えられますように。。。

『1502 フランス・ナンシー旅日記 その3(美術館)』へのコメント

  1. 名前:Basilio 投稿日:2016/01/29(金) 09:49:37 ID:a580f9d98 返信

    ナンシー、素敵な街ですね^^
    去年僕も米国と仏国の田舎町にそれぞれ滞在しましたが、小さい町に長く滞在するのは大都会を満喫するのとは違う落ち着いた楽しみがありますよね。
    ラ=トゥールは好きだし観に行きたいなあ。

    • 名前:ヴァランシエンヌ 投稿日:2016/01/29(金) 19:08:53 ID:28614083f 返信

      Basilioさん:

      そうですよ〜〜アメリカとフランスの田舎町の長期滞在なんて、すっごく贅沢な話ですよ。是非旅行記書いて下さいな。

      ラ=トゥール・・・実はすっかり忘れていて^^;旦那さんにメモ代わりに送っていたメールを頼りに思い出しました^^;何が役に立つかわかんないもんですが、ちゃんと自分でもメモ書いておかなくちゃならないですね。
      1年経つと、よほど印象的なこと以外は忘れてしまっているものだ・・と反省しましたから^^;