ヴィノグラードフのファンサイト更新してます〜

こちらをご参照ください〜


CDはケルンでのキタエンコ指揮「イオランタ」(Naxosでも聴けるようになりました)

と、ヴァシリー・ペトレンコとのショスタコ交響曲。昨年バラで出たものが全集になりました。

ブルーレイ/DVDはベジャールの第9ね。昨年NHKホールで行われ、BSでも放送されたものが商品化されます。

いっぺんに更新したら、けっこうしんどい。。。
しかし・・・オペラのCDって、2006年のルイザ・ミラー以来だったのか・・!
(放送が多くなってきたのであんまり意識してなかったけど)
音にしろ、映像にしろ、これからはネット配信が主流になると思いますが
やっぱりディスクという「形」に残して欲しいな。

願わくば、今年映像配信のあったナンシーでの「アレコ/フランチェスカ・ダ・リミニ」と、先日から大騒ぎしているw
コロン劇場での「ドン・カルロ」は、ぜひ商品化して欲しい・・・
(あ、ボリショイでのフィガロも、もし録画が残っているなら観たい。。。)

この辺をしっかり観ていって、ショスタコ13番/14番を聞けば、アレクサンドル・ヴィノグラードフという歌手に対する評価はぐぐっと高まる・・と思うんだけどな。