ラフマニノフのオペラ3部作@モネ劇場

ベルギー・ブリュッセルで6月末に上演されていたラフマニノフのオペラ3部作。配信が始まったようです。
(アレコ、ケチな騎士(1:02:10辺り〜)、フランチェスカ・ダ・リミニ(1:55:40辺り〜)

こちら
3つまとめての配信なのね。。。
一通り観たので、簡単な感想を。。。

これってコンサート形式じゃないんだよね?オケが舞台の上に乗っているけど。。。
とにかく観てみて下さい・・としか言えない(笑)

先に「アレコ」と「フランチェスカ〜」を観ました。この二つは演出に共通点があります。階段の上に登場人物が殆ど微動だにせず(たまに動きます)
殆ど前を向いたまま歌います。ミニマムの極地だけども、却って動きや表現を制限されるような感じなので、これはこれで歌手は大変かも・・

ゼムフィーラ/フランチェスカのアンナ・ネチャーエヴァは、2月のナンシーでのゼムフィーラ/フランチェスカだったゲレナ・ガスカローヴァよりも断然好み!!
フランチェスカ〜では、ちょっと高音が苦しそうですけど、声が適度に深くていいな〜〜と思います。

アレコのコスタス・スモリギナスは、2008年にロンドンで「ボエーム」を聴いたついでに、ヤングアーティストのガラコンサートを聞きに行った時に歌ってた人。順調にキャリアを伸ばしているようですね。
この演出だと、逆の意味で感情表現は大変だろうな・・と思いますが、なかなか良い◎と思います。彼がマラテスタも歌ってくれたら良かったのに〜

・・ということは、はあその、マラテスタって難しい役なんだとしみじみ感じました^^;
(で、オケも指揮も疲れちゃったのか?アレコで聴かせてくれた、ふくよかさは何処へ行ったの〜〜?というぐらい、まるで別物?!)

マラテスタのDimitris Tiliakosは声が高過ぎ、長大なモノローグの3分の1ぐらいまではなんとか歌えてますけど、後半は声が上ずってしまっていて・・><;
ミニマムな演出は、象徴的な内容のこの作品にはマッチしていると思うので、もう少し歌唱力がしっかりした歌手で聴きたかったわ・・

パオロ(と、「アレコ」の若いジプシーも)はセルゲイ・セミシュクール。良い味出してます◎

で、翌日にケチな騎士を見ました。これ、今まで機会がなかったのでお初です!!
これだけ演出のテイストがちょっと違っていて、普通にオペラらしい演出です。(と言っても、前衛ちっくですけどね)
それでも各人の動きは制限されています。映像が(視覚的に時々うるさく感じることもあるけど)よい効果を出しているのではないかしら?

レイフェルクス、実は若い時の歌唱ってピンと来ないことがおおかったんですが、今のほうがいいなあ。確かにもう少し重心の低い声の方が、もっと歌の迫力は増すかと思いますけどね。

息子のアルバート役のDmitry Golovninも、公爵のIlya Silchukovもなかなかいい感じ。
男声オンリーのくら〜いオペラですが(笑)ラフマニノフのオーケストレーションが素敵。

ラフマニノフの3つのオペラは短いので、ちょっと見てみよう〜〜聴いてみよう〜〜で、全部聴けちゃうのがいいですわ(笑)

なかなか3つ揃って映像で見る機会はないと思うので、興味のある方は是非是非〜〜

Rachmaninov Troika

Music direction ¦ Mikhail Tatarnikov
Director ¦ Kirsten Dehlholm
In collaboration with ¦ Hotel Pro Forma
Co-director ¦ Jon R. Skulberg
Set design ¦ Maja Ziska
Lighting ¦ Jesper Kongshaug
Costumes ¦ Manon Kündig
Dramaturgy ¦ Krystian Lada
Video ¦ Magnus Pind Bjerre
Chorus direction ¦ Martino Faggiani

ALEKO ¦ –
Aleko ¦ Kostas Smoriginas
Young gipsy ¦ Sergey Semishkur
Old gipsy ¦ Alexander Vassiliev
Zemfira ¦ Anna Nechaeva
Gipsy woman ¦ Yaroslava Kozina

SKUPOJ RYTSAR‘ ¦ –
Baron ¦ Sergei Leiferkus
Albert, his son ¦ Dmitry Golovnin
The duke ¦ Ilya Silchukov
Money lender ¦ Alexander Kravets
Servant ¦ Alexander Vassiliev

FRANCESCA DA RIMINI ¦ –
Lancelotto Malatesta ¦ Dimitris Tiliakos
Francesca, his wife ¦ Anna Nechaeva
Paolo, his brother ¦ Sergey Semishkur
Virgil’s shade ¦ Alexander Vassiliev
Dante ¦ Dmitry Golovnin
Orchestra & chorus ¦ La Monnaie Symphony Orchestra & Chorus

*******************
ところでラフマニノフの3つのオペラのうち、「アレコ」と「フランチェスカ〜」は、2月にフランスのナンシーでも上演されました。
こちら に情報まとめております。
ナンシーでは、アレコとフランチェスカ〜のマラテスタ、両方をアレクサンドル・ヴィノグラードフが歌ってます。(ダブルビルだったのよ!ちょっと自慢)

アレコフランチェスカ・ダ・リミニ、両方とも8月中旬まで観られるので
ロシアものに興味のある方は、是非見比べを〜〜

フランス語圏で2回もこの珍しい演目が新演出でかかり、いながらにして映像で観られるって、なんて素敵な時代

彼のラフマニノフ愛溢れる歌唱を、是非ご堪能下さいませ。

・・・あ、まだ感想書いてない^^;
(ギョーム・テルにかまけている間に・・いけないわ、早く書かなくてはw)

それにしても、地味に映像も増えてきてヴァラリン嬉しい
今シーズンはトーキョーでのベジャール第九も含めると、アレコ/マラテスタと、先日のウィリアム・テルで3つも!
過去最高かも・・・(笑)ホームページのデータ入力も進めなくちゃ。忙しい〜〜

投稿者: ヴァランシエンヌ

通称ヴァラリン。モットーは【チャーミングなオトナのオンナ】 アラフォー→そろそろアラフィフ主婦の日常生活や年に一度?!のおっかけ旅行記その他を執筆中です。 10年間の公立図書館パート勤めに別れを告げて新たな人生模索中。 人生のスパイスは愛と勇気と愛しい彼の声。 ロシア人バス歌手アレクサンドル・ヴィノグラードフのファンサイトも運営中:) こちらもよろしくお願いします。 詳しくはこちら Great fan of Russian Bass Singer Alexander Vinogradov & a webmaster of his fansite :)

“ラフマニノフのオペラ3部作@モネ劇場” への 4 件のフィードバック

  1. 音域的にはレイフェルクスはアレコの方がいいんじゃないかなあなんて思います。彼は映像でも男爵をやっていて、雰囲気は満点ですがやっぱりハイバリの歌う役ではない感じ。
    20分近い長大な独白のあるこの男爵役(シャリャピンのために書かれたらしいのですが、シャリャピンですら覚えきれなかったとかw)こそ、あくどい役ですがヴィノさんに将来的には歌って欲しいです^^

    1. Basilioさん:

      コメント読んでから、ついでにケチな騎士も見ちゃいました(思い立って観れる長さがいいわあ)
      初めて観た(聴いた)んですが、男声しか出て来ないのが渋くていいw

      簡単に感想も書いておきましたが、レイフェルクス、確かに雰囲気は満点、年を重ねての嫌らしさ(変な意味じゃなくって)みたいなものもあって、良いですよ〜
      でも仰るように、もう少し重心の低いバスで聴くと、迫力出るでしょうね。

      >将来的には

      うん、多分歌うと思いますよ。ラフマニノフLoveな人ですから(歌曲も色々歌ってるよ・笑)
      アレコとマラテスタは歌ったんだし、バスが活躍するロシアの小さめの作品の一つ・リムスキー=コルサコフの「モーツァルトとサリエーリ」のサリエーリも歌ってますからね。
      楽しみに待ちましょう(^^/

  2. >思い立って観れる長さ
    1時間ですからね^^
    ぼくが観たのはTVで、ぐらいンどボーンかなんかだったと思うんですけど『ジャンニ・スキッキ』と抱き合わせ。あれだけ違う世界のものを並べられるとなんだかおなかいっぱいでしたw

    >レイフェルクス
    基本的に歌唱も演技もうまいひとですからね、歳を経て迫力ある怪演ぶりが観られるというのは納得します^^
    彼は非常に器用な歌手なので、いろんなものをあの露的な皮肉っぽい声で演じられるのですが、それが何と言うか小さく纏まっちゃってる感じがありますよね。ピタリとハマっている役、トムスキーとかピツァロとかはいいんだけども。

    >男爵役
    大いに期待ですね!むしろこの前は先のために取っておいたのかな?とも^^

    1. Basilioさん:

      レイフェルクス、来年3月にはハンブルクで(折しも話題の^^;)ギョーム・テルを歌うみたいです。時期的にルイザ・ミラーと被っていて(ヴィノさんがヴァルテル伯爵)前後の日程を見てて気がついたんですけど。
      ほんと、芸の幅の広い人ですよね。

      http://www.hamburgische-staatsoper.de/de/2_spielplan/index.php?tmpl=besetzung&event=132126&t=Kalender

      いまのロシア人歌手は(ヴィノさんもそうですけど)どの言語のオペラも歌っちゃいますが、彼はある意味、そういう歌手たちにとって先駆け的な存在ですよね。

      グラインドボーンのは、そういう抱き合わせだったんですね^^;初演時には「フランチェスカ〜」と抱き合わせだったということですけど、
      暗×暗か暗×明、どっちがいいんでしょうね(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.