改めて♪

Twitterではお世話になった方々、お餞別コメントやDM,メールを送って下さった方々、本当にありがとうございました!メールのお返事、少しお時間を下さいね。

本日(6月24日)アカウントを削除してまいりました。30日以内にログインすれば復活できる・・・という執行猶予期間中ではありますが、どうでしょう?(笑)

過去ログは Twilog 、または ツイセーブ のどちらかも確認できます。サイドバーのメニュー(「ご挨拶&管理人のこと」の下に隠れてます)にもリンクしています。
アカウント削除しても(保証はないそうですが)当面はログ見られそうですし、一応自分のパソコンには全ツイート履歴もDLしました(^^)

今の気持ちは、とっても清々しい!の一言に尽きます❤
しがらみが減るって、こんなにラクだったのか・・・!

そして、ブログを読んで下さってた方が予想外に多かったこと。ありがたいことです(感謝)

で、もちろん、ふつーに読んで頂けるだけでもありがたいんですけど、ブログ書いているからにはやはり読者さんからの反応が気になるわけです(^^;

でも「コメント」って、けっこうハードルが高い!と思われる方も少なからずいらっしゃると思います。特にWordPressはデフォルトのままの設定だと、名前とメアド必須だったりとか、ベース言語の英語から日本語にそのまま訳した「コメントを残す」とかいう、微妙な表現だったりするので^^;
ちょっといじって・・・

・お名前(もちろんハンドルネームでOKです)とコメントの入力+簡単な数式の入力
(スパム防止の為です。これがあるのとないのでは、ぜんぜん違うので。。。ご了承下さいませ)で大丈夫なように設定
・表示までに少しお時間を頂きますので、もし「公開して欲しくないな・・・」と思われたら、その旨書き添えて頂ければ、そのように対応します。

・・・ということで、良かったらお気軽に(笑)コメント頂けると、ブログ執筆の励みになります。

(コメント欄のカスタマイズしたかったが為に、せっかくklavierさんが「アジサイ綺麗!」と仰って下さった+シンプルですっきりして気に入ってた前のデザインを諦め、なんとかして背景にアジサイを残せる^^;デフォルトのテーマに変えたの・・・)

メールフォームは、一度こちらでも使ってみたんですけど、うまく機能しなかったので、ヴィノグラードフのファンサイトと共通で使うことにしました。
あちらは今の所、届かなかった・・ということはなかったですが、もし「メールしたのに返事が来ない!」ということがあれば、コメント欄でこっそり教えて下さいませ。
どうぞよろしくお願いします。

ついでに、ブログ名を
これまでの”Valenciennes Traumereien”から正式に?ウムラウト表記させて【Valenciennes Träumereien】にしました。で、Vol.3も外してちょっとすっきり(笑)

*******************

そしてもう一つの、アレクサンドル・ヴィノグラードフのファンサイトですが
リニューアルもほぼ形が出来上がってきてて、目下公演記録を作成中です。
リスト(見出し)は出来上がっていて、今、公演詳細データを地道に入力しているんですが、
その詳細データが、やーっと!2007年の夏まで終了し、次の入力はいよいよ彼の(オペラ歌手としての)初来日;ベルリン国立歌劇場の来日公演【ドン・ジョヴァンニ】です❤ちょっと感慨深い(笑)これまでに書いてきた感想も徐々に移している最中です。

あちらは今回のリニューアルを機に、各記事のコメント欄を取り払って、ゲストブック制にしました。
もともと閲覧数も少ないサイトですし、ブログ機能に詳細データを入れてますから、そのほうが見た目的にも良いかな・・と思いまして。
(ほんとは違う形にしたかったんだけど、私のスキルではこれが限界だったの^^;)

去年の来日前に、このぐらい形を整えておくべきだったんですけど、なかなかね・・そわそわしてちっとも進まなかったものねえ(笑)

7月6日(現地時間:7月5日午後3時〜)にはROHでのウィリアム・テルのライブビューイングもあります。彼の役はWalter Furst.
しかし・・月曜日の午後5時からって。。。
どっちみち、完全なる中継時間ではないので(午後11時からになっちゃう
もう少し時間、なんとかならないんでしょうかね。。。

普通にお勤めなさっている方だと、早退しないと間に合わない時間だし、全国でも13カ所(!)と限られた場所での上演なので、トカイまで出て行かないといけないし。。。でもあまり遅い時間からのスタートだと、長い作品だから帰りが大変か

(私は休みを取ってますw でもロッシーニ、「理髪師」以外はほんと苦手なのよねええええええ・・・しかも長いしーー;ROHのRunning timesによれば4時間半?!
それこそ、これを見る為に渡航するなんて絶対にあり得ないので、そういう意味では有難いんですけど、予習するのも長くて大変
何方か良い音源orYTのお勧め映像、教えて下さいませ。7月14日の公演は、BBC-Radio3での音だけ放送もあります。こちらはアーカイブで聴けそうですね

・・・というわけで、まだ暫くとっ散らかったり、急にデザインが変わったりすることもあるかもしれませんが、徐々に整えて行きますね。
毎日は難しいけど、出来るだけマメに更新したいと思います。どうぞよろしくお願いします。

“改めて♪” への4件の返信

  1. おつかれさまです。すっきりした気分でrestartと言うのはいいものですよね^^

    ヴィノさん、『グリエルモ・テル』に出演するんですね!
    テルはフィンリーのようなので、グァルティエーロ・ヴァルテルでしょうか。なが~~~い全曲の中で大きな見せ場は2幕後半の3重唱からフィナーレと言うチョイ役ですんで、もし長くてしんどいようであればそこだけ取り出して聴かれてもいいかもしれません。
    とはいえこの3重唱はウルトラ名曲です!登場時間に比して大抵大物が歌っていて、ギャウロフ、トッツィ、アリエ、コヴァーチ、クラバッシ、ダルカンジェロなどなど……ヴィノさんが歌うとなれば否が応でも期待値が高まります^^
    加えて、『テル』は長いですけれども全曲が素晴らしい!変な話或る意味所謂ロッシーニっぽくはなくて、ドラマティックな迫力と緊張感に満ちた音楽で、その後の時代を飛び越えてヴェルディやヴァーグナーの後期のような風情さえあります。有名な序曲が、「序曲」でしかないことを思い知らされる作品です^^(ちなみに、序曲の旋律は本編では実は1回も!出てきません)

    個人的には一番のお勧めの音源は、伊語ならばシャイー盤。主役のミルンズ以下、フレーニ、ギャウロフ、コンネル、トムリンソン、デ=パルマと歌唱陣も最高ですし、シャイーも彼らを若々しい指揮で御していて好感度大です。ただし、この盤は圧倒的にパヴァロッティ!彼の最高の歌唱のひとつと言ってもいいと思います。これに対抗するのは仏語のガルデッリ盤で、こちらもゲッダが素晴らしく、パヴァロッティと双璧をなすもの。バキエ、カバリエ、コヴァーチ、メスプレなどこちらの共演も強力です。
    近年の演奏ではパッパーノが清新な音楽でよかったと思います。主役も今度のフィンリーですし、アルノールのオズボーンはパヴァちゃんやゲッダ様のような圧倒的輝かしさこそないものの、なよっとしてやや頼りなげな感じがこの若者の役には逆にぴったりくるような気もします。

    『テル』は大好きな演目なので、つい熱くなってしまいました^^;
    長文平にご容赦。

    1. Basilioさん:

      おおお!ありがとうございます!
      あ、ROHのオリジナルリンクを貼ってなかったですね。
      http://www.roh.org.uk/events/ff4lv

      Walter Furstがグァルティエーロ・ヴァルテルなの?どんな役なのかも解説してあるものも少なくってわからないし(またおじいさんなのかしら・・ヴァルテルっていうと、やっぱりヴァルテル伯爵を連想しちゃうのよ〜〜〜^^;)
      しかし、ギャウロフクラスの大物も歌ってたとなれば、バスの声調整役?!として、王道の役なんでしょうかね・・・

      今回の公演も指揮がパッパーノでテルはフィンリー、アルノールはオズボーンです。で、多分フランス語での上演のはず。

      教えて頂いた音源を探してみます。なんせ長いので、映画館で字幕がつくとはいえ、予備知識ナシで4時間付き合う自信がなくて・・絶対寝落ちしそうだ。。。
      音楽と彼の出番だけでもぼんやり把握しておかないと。

      個人的には、ラジオでの中継とライブビューイングの順番が逆の方が良かったわあ。そしたら、彼の声でちゃんと予習した上で映像が見られるから。。。
      アーカイブで聞けるようになると思うので、放送されたらお知らせしますね。Basilioさんがこの作品がそんなにお好きならば、ホントは映画館に足を運んで頂きたいのですけど、
      なんせ月曜日の5時からなんて、一体どんな客層を想定して設定していることやら。勤め人には早過ぎ、家庭の主婦には遅過ぎるんですよ・・結局一日仕事とみなすしかないです。

      >或る意味所謂ロッシーニっぽくはなくて、ドラマティックな迫力と緊張感に満ちた音楽

      えっ!そうなの?!じゃあ馴染めるかな。。。^^;

  2. その役です(^^)
    あらすじ書いたら出てこなさそうな役ですしね(^^;テルの同士の愛国者で、恋と戦いの狭間で思い悩むアルノールを説得する、というような役どころです。前後の話では殆ど登場しないのに、何故か2幕2場で突如現れ、テルたちとともに決起をかっこよく歌い上げます(笑)
    実は映像では観たことがないので、月曜休み取っちゃおうかな……

    折角なのでいくつか聴きどころを。伊語版ばかりになってしまいましたが(^-^;
    気が向いたらどうぞ(^^)d
    ○1幕
    テルとアルノールの重唱
    https://youtu.be/j35hbIU3lls
    フィナーレ(主役級が誰も出てこないのに異様に盛り上がりますw)
    https://youtu.be/5tO0kiZqBcY

    ○2幕
    マチルデのアリア
    https://youtu.be/oi0ZyHq-Mco
    マチルデとアルノールの重唱
    https://youtu.be/UjdJ7NlLV0s
    テル、アルノール、ヴァルテルの重唱
    https://youtu.be/wtP8MXrPGmA

    ○3幕
    マチルデのアリア
    https://youtu.be/1KRqIODQx7o
    テルのアリア
    https://youtu.be/R9W0URwrsLc

    ○4幕
    アルノールのアリア
    https://youtu.be/VXlhrkvqDck
    フィナーレ
    https://youtu.be/jiHVDgLWpts

  3. Basilioさん

    わー!ありがとうございます。自分で探すのも大変なので、こうしてコンパクトに紹介して下さると助かります。
    あと一週間ありますので、時間のある時に聴いてみます。

    ROHの上演は、現地時間の明日29日がプレミエです。ロンドンの公演は批評もたくさん出ますし、舞台写真なども見られると思いますから公演が始まったら紹介しますね。お休みを取るかどうかはそれから決めてもいいんじゃないかと(^^)

    14日の公演は音だけBBCで放送されますし、それは多分、アーカイブで聴けると思います。よくよく調べてみたら、CDのメンバーと被っている人も多いので、聴き比べも面白いかも、ですよ。

    >恋と戦いの狭間で思い悩むアルノールを説得する

    なんですか、その説教臭い役柄は・・まるでザラストロのような(^~^)

    Basilioさんのお陰で、ようやくちょっと楽しみになってきました。せっかく映画館でやってくれるなら、ボエームみたいにみんなになじみのあるものがいいのに〜〜とか、ふてくされてたんですが(笑)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

Time limit is exhausted. Please reload CAPTCHA.